金剛院

Kongoin金剛院は、東京都豊島区にある真言宗豊山派の寺院。西武鉄道池袋線の椎名町駅の駅前にある。
室町時代の大永2年(1522年)に創建され、江戸中期の正徳5年(1715年)に現在地に移った際に隣にあった長崎神社の別当寺となり、明治維新までその役目を果たした。

山門
金剛院

1780年築の山門は豊島区指定有形文化財。この門の建立当時、朱塗りの門は幕府の許可がなければ建てられなかった。

本堂
金剛院

本堂は、戦後の昭和29年に建てられた鉄骨鉄筋コンクリート製の建物。国登録有形文化財

庫裏
金剛院

庫裏は昭和9年建造。国登録有形文化財

金剛院 公式HP
東京都豊島区長崎1-9-2 地図
アクセス:西武池袋線 椎名町駅より徒歩1分
豊島区
エリアガイド
豊島区 | 東京都
池袋、巣鴨など

長崎神社

長崎神社は、金剛院の隣にある、旧長崎村の鎮守。金剛院が現在地に移転して以来、明治維新まで金剛院が当社の別当寺であった。創建年代は不詳で、江戸中期には十羅刹女社と呼ばれていた。明治5年には須佐之男命を合祀して氷川神社となったが、同7年に長崎神社と改めた。

一ノ鳥居
長崎神社
二ノ鳥居
長崎神社
拝殿
長崎神社

拝殿は明治32年築。

本殿
長崎神社

本殿は江戸末期の1849年築。本殿の壁面には全面的に彫刻が施されているが、覆屋で良く見ることができない。

額殿と神楽殿
長崎神社

額殿(絵馬殿)は旧社殿を転用したもの。

長崎神社 少年少女ちびっこ相撲大会

7月には長崎神社境内に土俵が設けられ、幼児~小学生を対象に相撲大会が開催される。また金剛院では同日、赤門夜市が催される。

少年少女ちびっこ相撲大会
長崎神社 相撲大会

長崎神社 例大祭

長崎神社の例大祭は9月中旬で、23区内の神社の秋祭りでは有数の数の夜店が出る。この行事に関する詳細は「長崎神社 例大祭」の記事を参照。

長崎神社 例大祭
イベントガイド
長崎神社 例大祭 | 東京都豊島区
9月中旬開催。都内の神社の秋祭りでは有数の数の露店が出る
例大祭
長崎神社 例大祭
要町一丁目町会神輿
長崎神社 例大祭

氏子の要町一丁目町会の神輿は少し珍しい八棟造で、9月の例大祭で渡御する。

長崎神社
東京都豊島区長崎1-9-4 地図
アクセス:西武池袋線 椎名町駅より徒歩1分
豊島区
エリアガイド
豊島区 | 東京都
池袋、巣鴨など