赤坂氷川神社

Akasaka Hikawa赤坂氷川神社は、東京都港区の、赤坂や六本木から近い位置に地座する赤坂の鎮守。東京メトロ千代田線の赤坂駅、東京メトロ日比谷線・都営大江戸線の六本木駅、東京メトロ南北線の六本木一丁目駅各々より徒歩8分の位置に鎮座する。
戦前の社格は、最終的に東京府(東京都)の府社。また、明治初期に准勅祭社の制が一時的に定められた際にはその一社に列した(准勅祭社全12社のうち、都区部にある10社は現在東京十社を名乗る)。
平安時代の天暦5年(951年)に霊夢にしたがって創建されたとも、飛鳥時代の天武天皇の代(7世紀後半)に創建されたとも伝え、現在地へは江戸時代の享保15年(1730年)に遷った。現在の社殿はこの遷座当時のものである。

正面参道
赤坂氷川神社

正面参道は西参道に比べてあっさりしている。

西参道
赤坂氷川神社
赤坂氷川神社
赤坂氷川神社

西参道は正面参道に比べて立派な参道である。参道沿いの左右には庭園や四合稲荷社・西行稲荷もある。また、石段の手すりはかなり立派。

庭園
赤坂氷川神社
赤坂氷川神社

庭園には池や石組みがある。太鼓橋は昭和12年頃に架けられた鉄筋コンクリート製の橋。

四合稲荷神社
赤坂氷川神社

四合稲荷社の社殿は明治31年建造。同年に4つの稲荷社を合併して出来た社なので四合で、「しあわせ」と読む。勝海舟の命名による。現在は更に4社を合祀している。

西行稲荷神社
赤坂氷川神社

岩を組んだ社地に祠や穴がある。ちなみに歌人の西行とは何の関係もない。

神門
赤坂氷川神社

明治期建造の門。社務所前には冠木門型の黒門もあり、こちらも戦前の建造。

築地塀
赤坂氷川神社

社殿は、神社には珍しい築地塀で囲まれている。塀内の一番手前の建物は、奉納絵馬が収まる額堂で、戦前の建造。

社殿
赤坂氷川神社
赤坂氷川神社

赤坂氷川神社が当地へ遷座した江戸時代中期の1730年に建造された社殿(本殿・幣殿・拝殿が1棟となった権現造)は東京都指定有形文化財。将軍吉宗の命で造営された社殿ながらそれほど派手ではない事については、当時の享保の改革における緊縮政策が影響した可能性が指摘されている。
なお、当社は第二次世界大戦の戦災を免れたわけではなく、境内の建物の幾つかは空襲で焼失したが、社殿は無事だった。

赤坂氷川祭

9月中旬に行われる赤坂氷川祭は当社の例大祭で、毎年3日間に渡って神輿と人形山車が赤坂を巡行する。特に隔年(西暦奇数年)で開催される神幸祭では、人形山車と町会神輿の大規模な連合渡御が行われる。この行事に関する詳細は「赤坂氷川神社 赤坂氷川祭」の記事を参照。

神幸祭
赤坂氷川祭
赤坂氷川祭
赤坂氷川祭

隔年で行われる神幸祭では、人形山車の巡行と共に神輿10数基の連合渡御が行われる。
人形山車の巡行を見物する際の注意点としては、電線のない大通りで見物することである。神社付近の電線が多い狭い道での巡行では、人形は立てられていなかった。そもそもこの電線こそが、江戸で盛んだった人形山車が、明治になって廃れた要因である。

赤坂氷川神社 赤坂氷川神社HP
東京都港区赤坂6-10-12 地図
アクセス:千代田線 赤坂駅より徒歩8分/ 日比谷線・大江戸線 六本木駅より徒歩8分/ 南北線 六本木一丁目駅より徒歩8分