飯沼観音(円福寺)

飯沼観音(円福寺)飯沼観音(円福寺)は、千葉県銚子市の、銚子電鉄の観音駅より北へ徒歩4分、またはJR内房線の銚子駅より東へ徒歩17分の地に位置する、真言宗系の単立寺院(平成期に智山派から独立)。正式には飯沼山金照院圓福寺。
奈良時代の神亀5年(728年)、当地の漁師が霊夢に従い海で十一面観音を引き上げ、草庵に安置したのが草創で、天平年間(729-749年)には行基が厨子を奉納。平安時代の弘仁年間(810-824年)、東国巡錫中の弘法大師空海が開眼供養。
坂東三十三観音霊場の第27番札所として古くから栄えた。
なお、本坊は本堂から200m南方(徒歩3分)離れている。また犬吠埼には奥ノ院の犬吠埼観音(満願寺)がある。

犬吠埼観音(満願寺)
スポットガイド
犬吠埼観音(満願寺) | 千葉県銚子市
銚子・円福寺の奥ノ院
山門
飯沼観音(円福寺)

山門は昭和46年建立。

山門内
飯沼観音(円福寺)
観音堂(本堂)
飯沼観音(円福寺)

観音堂(本堂)も昭和46年建立。本尊は十一面観世音菩薩。

鐘楼
飯沼観音(円福寺)
庭園
飯沼観音(円福寺)
銚子大仏
飯沼観音(円福寺)

阿弥陀如来である銚子大仏は1711年造立。

五重塔
飯沼観音(円福寺)

五重塔は平成21年建立。

二十三夜堂(満願堂)
飯沼観音(円福寺)

この他、稲荷堂や文殊堂といった小堂がある。

飯沼水準原標石
飯沼観音(円福寺)

飯沼水準原標石は明治5年、日本における河川の水位の原点として設置。日本選奨土木遺産。

銚港神社
銚港神社

境内を接する銚港神社は、明治維新の神仏分離まで、龍蔵権現と称して飯沼観音と一体的に信仰されていた。

銚港神社
スポットガイド
銚港神社 | 千葉県銚子市
県社内定するも終戦

本坊

飯沼観音円福寺の本坊は、現在は観音堂(本堂)から南へ約200m(徒歩3分)離れているが、江戸初期までは地続きの境内であった。

全景
飯沼観音 本坊
大師堂
飯沼観音 本坊

大師堂は江戸後期の1841年建立。

三尊奉安内仏殿・寺務所
飯沼観音 本坊
涅槃殿
飯沼観音 本坊

涅槃殿(宝物殿)には、日本最大級とされる刺繍涅槃図(1669年製作、千葉県指定文化財)が収蔵されており、毎年2月15日に公開される。

閻魔堂
飯沼観音 本坊
閻魔堂内
飯沼観音 本坊
龍神堂
飯沼観音 本坊
龍神堂
飯沼観音 本坊

龍神堂(龍王殿)内には龍神像が安置されている。
これは国木田独歩の父が乗っていた播磨国龍野藩の御用船「神龍丸」の船首にあった像。

地蔵堂
飯沼観音 本坊

奥に見える小堂が地蔵堂。

飯沼観音(円福寺) 本坊
千葉県銚子市馬場町293 地図
飯沼観音(円福寺) 公式HP
千葉県銚子市馬場町173-2 地図
アクセス:銚子電鉄 観音駅より徒歩4分
銚子
エリアガイド
銚子 | 千葉県
県の北東端