小山浅間神社

小山浅間神社小山浅間神社は、千葉県松戸市の、JR常磐線・新京成線の松戸駅より南へ徒歩21分に位置する鎮守社。
江戸前期の正保4年(1647年)創建。
標高28mある独立丘陵を富士山に見立てた境内で、その頂上に社殿が鎮座する。

境内
小山浅間神社
神池
小山浅間神社
神楽殿
小山浅間神社
本社社殿への鳥居(左)と下浅間宮(右)
小山浅間神社
下浅間宮
小山浅間神社
本社への参道
小山浅間神社

富士山に見立てた丘陵(標高28m)上に社殿がある。
丘陵を覆う社叢は極相林となっており、千葉県指定天然記念物

拝殿
小山浅間神社
社殿全景
小山浅間神社
遠景
小山浅間神社

例大祭

当社の例大祭は7月の第1日曜日で、浅間神社の山開きながら宮神輿の渡御が行われる数少ない祭礼の一つ。この行事に関する詳細は「小山浅間神社 例大祭」の記事を参照。

小山浅間神社 大祭
イベントガイド
小山浅間神社 例大祭 | 千葉県松戸市
7月上旬。宮神輿が毎年渡御
宮神輿の渡御
小山浅間神社 大祭
小山浅間神社
千葉県松戸市小山664 地図
アクセス:JR常磐線・新京成線 松戸駅より徒歩21分
松戸・流山
エリアガイド
松戸・流山 | 千葉県
東京との内陸部の県境

県北西端のエリアガイド
松戸・流山
エリアガイド
松戸・流山 | 千葉県
東京との内陸部の県境
柏・我孫子
エリアガイド
柏・我孫子 | 千葉県
常磐線沿線で茨城県との県境
野田
エリアガイド
野田 | 千葉県
埼玉と茨城の狭間