松戸神社

松戸神社松戸神社は、千葉県松戸市の、JR常磐線・新京成線の松戸駅より南へ徒歩7分に位置する、松戸の総鎮守。
江戸前期の寛永3年(1626年)創建。江戸時代は御嶽大権現と称したが、明治15年に松戸神社と改称した。

一ノ鳥居
松戸神社
二ノ鳥居
松戸神社
潜龍橋
松戸神社

二ノ鳥居と境内を繋ぐ潜龍橋は坂川に架かる。

拝殿
松戸神社

拝殿は幕末の1867年築。

社殿全景
松戸神社

本殿は1739年に焼失しその後に再建されたもの。幣殿は昭和15年築。

秋葉神社
松戸神社
神楽殿
松戸神社

神楽殿は平成26年築。

御神水
松戸神社
富士塚
松戸神社

例大祭

当社の例大祭は10月18日に近い週末に催され、毎年日曜日に町神輿が連合宮入を行う。また18日が日曜日と重なるなら、同日に神幸祭として宮神輿が渡御する。


明治維新時の神仏分離まで、近くの宝光院が当社の別当寺であった。

松戸神社 公式HP
千葉県松戸市松戸1457 地図
アクセス:JR常磐線・新京成線 松戸駅より徒歩7分

松戸駅近辺には他に、金山神社や戸定が丘歴史公園などがある。

金山神社
スポットガイド
金山神社 | 千葉県松戸市
黒ボクに覆われた斜面