金山神社

金山神社金山(かなやま)神社は、千葉県松戸市の、JR常磐線・新京成線の松戸駅より北へ徒歩7分に位置する鎮守社。創建年代等は不詳。
跨線橋の参道でJR常磐線の線路を跨いだ先に、斜面に黒ボク石を敷いた特徴的な境内が広がる。

表参道
金山神社
金山神社

線路の西側から、JR線の東側にある境内へと跨線橋の参道が伸びる。線路の西側には社号標や石灯籠などがある。

跨線橋下
金山神社

このように、旧参道に被さるように跨線橋が設けられている。

拝殿
金山神社
本殿
金山神社
金山神社

本殿は壁面全面に彫刻が施されている。

富士塚
金山神社
金山神社

境内の斜面には黒ボク石を敷き、頂上には富士浅間神社が鎮座する。

裏参道
金山神社

例大祭

当社の例大祭は10月中旬。毎年、宮神輿が渡御する。

金山神社
千葉県松戸市根本344-1 地図
アクセス:JR常磐線・新京成線 松戸駅より徒歩7分

松戸駅近辺には他に、松戸神社や戸定が丘歴史公園などがある。

松戸神社
スポットガイド
松戸神社 | 千葉県松戸市
松戸の総鎮守