東京の伝統行事

Ishihama Jinja Reitaisai石浜神社は、東京都荒川区の、南千住駅(JR常磐線・地下鉄日比谷線・つくばエクスプレス)より南東へ徒歩15分の地に鎮座する神明社(伊勢神宮の分社)。隅田川の白鬚橋近く、台東区との境界近くにあり、氏子地域は荒川区南千住と台東区の橋場に跨る。少し変則的な鳥居(笠木の断面がカマボコ型の神明鳥居)がある事で知られる。当社についての詳細は石浜神社の記事を参照。

石浜神社
スポットガイド
石浜神社 | 東京都荒川区
特徴的な鳥居が並ぶ神社
5月の行事
東京23区の歳時記
5月の行事
徐々に始まる下町の神輿

石浜神社 例大祭

石浜神社の例大祭は5月下旬に執り行われる。隔年で行われる本祭(西暦偶数年)では神幸祭(本社神輿の渡御)があり、それ以外の年は子供神輿の渡御や稚児行列などが催される。

露店
石浜神社 例大祭
里神楽
石浜神社 例大祭

神楽殿では本祭・陰祭に関わらず毎年、お囃子や江戸里神楽を奉納。

奉納芸能
石浜神社 例大祭
石浜神社 例大祭

大道芸や合唱、ライブといった芸能も毎年奉納される。

町神輿の連合渡御(本祭の年のみ)

石浜神社の氏子は台東区側5ケ町と荒川区側2ケ町であるが、うち台東区側5ケ町は、本祭の年に金曜と土曜の夕刻にそれぞれ連合渡御が組まれる。以下の写真は土曜夕刻のもの。なお、金曜の連合渡御は神社から町神輿が発御する連合宮出しであるが、土曜の方は神社とは別の場所で行われる。

土曜夕刻の連合渡御
石浜神社 例大祭
石浜神社 例大祭
石浜神社 例大祭

本社神輿の巡行(本祭の年のみ)

西暦偶数年の本祭の年には、日曜日に神幸祭として終日、本社神輿が氏子地域を渡御する。

先導の囃子車
石浜神社 例大祭
社旗、先導神職、猿田彦ら
石浜神社 例大祭
宮神輿
石浜神社 例大祭
宮司
石浜神社 例大祭
人力車に乗る氏子
石浜神社 例大祭

稚児行列(陰祭の年のみ)

陰祭の年は本社神輿は出ない。また町会神輿も少し見た範囲では見かけなかった。そのかわり、境内では稚児行列や子供神輿の渡御、奉納演芸大会といった、本祭の年にはないプログラムも組まれる。以下の写真は平成29年(2017年)のもの。

稚児行列
石浜神社 例大祭

稚児行列は北西の石浜ふれあい館から神社へ向かう。

神輿の石浜鳥居

当社の特徴とも言える石浜鳥居は、神輿にも付されている。全ての神輿を確認したわけではないが、現在確認した範囲では、本社神輿のほか、橋場二丁目町会の大・中・小の神輿、および橋場一丁目町会の神輿に、石浜鳥居が各4基(計20基)ある。
また、本社神輿と橋場二丁目町会の大神輿は、頂に擬宝珠を据える点でも、まあまあ珍しい。

本社神輿(昭和26年製作)の石浜鳥居
石浜鳥居
橋場一丁目町会神輿の石浜鳥居
石浜鳥居
橋場二丁目町会大神輿の石浜鳥居
石浜鳥居
橋場二丁目町会中神輿の石浜鳥居
石浜鳥居
橋場二丁目町会小神輿の石浜鳥居
石浜鳥居

石浜神社例大祭の歴史

石浜神社の例大祭は、かつては境内で生姜を売ったため生姜祭や生姜市とも呼ばれていた。そのことにちなみ、現在の例大祭では境内で生姜が配られ、また生姜湯や生姜糖も振る舞われている。石浜神社の例大祭のビラによると、生姜は「穢れを祓って神明に通ず」るものであり、また生姜糖は古来より伊勢土産で元来伊勢神宮の神饌の一つだったという。なお、当社は伊勢神宮の分社(つまり神明社)である。
石浜神社の例大祭は元来は9月16日で、宮元である橋場町の鎮守であった境内摂社江戸神社の祭礼(江戸時代は橋場牛頭天王祭と呼ばれた)が6月15日であり、この当社では2社の祭礼が行われていた(つまり年2回)。しかし橋場町が経済負担に耐えられず年1回とすることになり、日程は江戸神社の6月15日の方が採用された。ただし、生姜祭のエピソードでわかる通り、牛頭天王の方ではなくあくまで神明社の方の祭礼である。さらに昭和26年、付近の今戸神社・熱田神社・玉姫稲荷神社と協定を結んで4社の例祭日は6月1日に統一されたが、現在では5月下旬に催されている。なお、大正末期までは数年に一度、陸上渡御に加えて隅田川での水上渡御も行われていた。

石浜神社 公式HP
東京都荒川区南千住3-28-58 地図
アクセス:JR常磐線・地下鉄日比谷線・つくばエクスプレス 南千住駅より徒歩15分
石浜神社
スポットガイド
石浜神社 | 東京都荒川区
特徴的な鳥居が並ぶ神社
荒川区
エリアガイド
荒川区 | 東京都
台東区の北隣り。日暮里、町屋など
5月の行事
東京23区の歳時記
5月の行事
徐々に始まる下町の神輿