東京の伝統行事

靖国神社 みたままつり靖国神社は、東京都千代田区にある、全国の護国神社・招魂社の事実上の総本社。戦前の社格は別格官幣社。当社についての詳細は靖国神社の記事を参照。
みたままつりは毎年7月13~16日の夕刻を中心に開催される、東京の代表的な夏祭りの一つ。

靖国神社
スポットガイド
靖国神社 | 東京都千代田区
全国の招魂社・護国神社の総本社
7月の行事
東京23区の歳時記
7月の行事
富士の山開きと七夕

みたままつり

みたままつりは日本古来の祖霊信仰に基づき終戦直後の昭和22年(1947年)に開始された行事。民俗学の巨人である柳田國男によると、古来、日本では正月と旧暦の7月15日頃(現在の8月15日頃)に祖霊(みたま)がこの世に戻ってきて子孫と時間をともにすると考えられ、うち夏の方は仏教と習合して盆となったとする。
境内には大小3万超の提灯や、著名人による懸雪洞(かけぼんぼり)が掲げられ、参道沿いや能楽堂で様々な奉納行事が催され、30万人もの参拝者がある。

参道沿いの大型献灯
みたままつり

第一鳥居から神門にかけて、約1万の大型献灯が掲げられる。

盆踊り
みたままつり

大村益次郎像の周囲では期間中毎日盆踊りが開催される。

みたままつり
神門の仙台七夕
みたままつり

神門は仙台七夕の七夕飾りで飾られる。

神門内
みたままつり
小型献灯
みたままつり

神門内には約2万の小型献灯が掲げられる。

懸雪洞
みたままつり

神門内には懸ぼんぼりも灯される。約300点の揮毫ぼんぼり(著名人の書や絵画)と150点の献句ぼんぼり(献句からの選)がある。

社殿
みたままつり

本殿では毎夜18時より英霊を慰霊する祭儀が執り行われる。

特別献華展
みたままつり

拝殿前華席では例大祭のときと同じく、各流派の生花を奉納展示。

全国有名燈籠展
みたままつり

遊就館旧館の前面では全国の有名な祭礼燈籠が幾つか展示される。

参道での奉納行事

参道では主に夕刻から、恒例の行事が奉納される。

青森ねぶた
みたままつり
神輿振り
みたままつり
江戸芸かっぽれ
みたままつり
阿波踊り
みたままつり

能楽堂での奉納行事

能楽堂でも連日、昼間から各種奉納行事が行われる。

雅楽
みたままつり
コンサート
みたままつり
靖国神社 公式HP
東京都千代田区九段北3-1-1 地図
アクセス:東京メトロ東西線・半蔵門線・都営新宿線 九段下駅より徒歩3分
靖国神社
スポットガイド
靖国神社 | 東京都千代田区
全国の招魂社・護国神社の総本社
千代田区 南・東・西部
エリアガイド
千代田区 南・東・西部 | 東京都
丸の内、霞ケ関、九段など
7月の行事
東京23区の歳時記
7月の行事
富士の山開きと七夕