東京の伝統行事

羽田神社 羽田まつり羽田神社は、東京都大田区の、京急空港線の大鳥居駅より南へ徒歩8分の地に鎮座する、羽田空港を含む羽田の総鎮守。当社についての詳細は羽田神社の記事を参照。
羽田神社の例大祭は7月下旬に行われる。

羽田神社
スポットガイド
羽田神社 | 東京都大田区
羽田の総鎮守
7月の行事
東京23区の歳時記
7月の行事
富士の山開きと七夕

羽田神社 羽田まつり

羽田神社の例大祭(羽田まつり)は7月最終週の週末に開催される。当社は明治維新の神仏分離までは牛頭天王社と呼ばれており、そのため例大祭もかつては牛頭天王祭とも称した。本社神輿は毎年日曜日の午前中に渡御する。例年は中神輿が出御するが、4年に一度の本祭では大神輿が出御する。午後からは町会神輿の連合渡御が行われる。
羽田まつりでは例年、金曜日に本社及び町会の神輿に神霊入れが行われ、土曜日に例大祭式典及び町会神輿の各自渡御(一部連合渡御)が行われたあと、日曜日の午前中に本社神輿の渡御が、午後に町会神輿十数基の連合渡御が行われる。

羽田神社境内の露店
羽田神社 羽田まつり

境内及び隣の駐車場には露天商が多く出店する。

穴守稲荷神社境内の露店
穴守稲荷神社 羽田まつり

羽田まつりの期間中、穴守稲荷神社は地元町会の御神酒所となり、露天商も多少出店する。

穴守稲荷神社
スポットガイド
穴守稲荷神社 | 東京都大田区
多数のミニ鳥居の奉納された、羽田空港近くの稲荷社

本社中神輿の渡御(陰祭の年)

日曜日の午前中には本社神輿の渡御が行われる。渡御する本社神輿は通常は中神輿だが、4年に一度、大神輿が渡御する。なお、本社神輿が停止する別宮御旅所は鎌倉時代に牛頭天王像が流れ着いた地だと伝え、羽田神社の当初の鎮座地だとされる(後に、羽田神社の隣にある自性院の境内に遷座)。

高張提灯
羽田神社 羽田まつり
囃子車
羽田神社 羽田まつり
太鼓と大榊
羽田神社 羽田まつり
騎馬神職
羽田神社 羽田まつり
猿田彦
羽田神社 羽田まつり
氏子総代
羽田神社 羽田まつり
本社中神輿
羽田神社 羽田まつり
羽田神社 羽田まつり

御神酒所の前でヨコタ担ぎを披露する本社中神輿。ヨコタ担ぎとは神輿を左右に振るもので、漁船の横揺れを表現したものとされる(他社では六郷神社や萩中神社の例大祭でも見られる)。ヨコタ担ぎの際は神輿の進行は止まるので、行列の進行スピードはかなり遅い。

六郷神社 例大祭
イベントガイド
六郷神社 例大祭 | 東京都大田区
六郷神社の例大祭は6月上旬で、子供獅子舞が奉納され、多数の露店や神輿が出る比較的大規模なもの
本社大神輿
羽田神社

本社大神輿は昭和54年製作。4年に一度の本祭で渡御する。なお、この神輿はヨコタ担ぎをしないという。

町会神輿の連合渡御(毎年)

毎年、15時から町会神輿十数基が旧穴守稲荷大鳥居から弁天橋通を連合渡御する。

囃子屋台
羽田神社 羽田まつり
旧穴守稲荷大鳥居を出発する町神輿
羽田神社 羽田まつり

町会神輿の集合場所は旧穴守稲荷大鳥居で、ここから1基ずつ出発するが、みなヨコタを披露しながら進むので進行スピードは遅い。

大漁旗はためく弁天橋
羽田神社 羽田まつり
羽田神社 羽田まつり

旧穴守稲荷大鳥居は弁天橋の袂にある。大漁旗はためく弁天橋を、ヨコタをしつつ渡御する神輿も見所。

羽田神社 羽田まつり
羽田神社 羽田まつり

羽田まつり 神輿の巡行ルート

以下の地図は、平成30年(2018年)の神輿巡行ルートをグーグルマップ上に引いたもの(朱線が本社神輿青線が連合渡御)。順路・時間は毎年ほぼ同じである。

羽田神社 公式HP
東京都大田区本羽田3-9-12 地図
アクセス:京急空港線 大鳥居駅より徒歩8分
羽田神社
スポットガイド
羽田神社 | 東京都大田区
羽田の総鎮守
大田区
エリアガイド
大田区 | 東京都
都区部の最南端。蒲田、羽田、田園調布など
7月の行事
東京23区の歳時記
7月の行事
富士の山開きと七夕