旧秋元別邸

旧秋元別邸旧秋元別邸は、群馬県館林市の、東武伊勢崎線の館林駅より東へ徒歩22分の地に位置する古民家。
館林城の八幡郭跡を整備した「県立つつじが岡第二公園」内に、館林花菖蒲園とともにある。
建物は当初は上毛モスリン専務・杉村熊三郎の別邸として建てられ、大正期に旧館林藩主家である秋元子爵家の別邸となり、昭和36年に県有となった。

館林城跡
スポットガイド
館林城跡 | 群馬県館林市
館林藩の藩庁
北面全景
つつじが岡第二公園
南面全景
つつじが岡第二公園
主屋
つつじが岡第二公園

主屋は杉村別邸時代の明治43~45年竣工。左側は座敷、右側は居宅。

離れ座敷
つつじが岡第二公園

離れ座敷は秋元家の東京・駿河台本邸より昭和5年移築。

物置
つつじが岡第二公園

物置は秋元別邸時代の昭和16年竣工。

風呂場
つつじが岡第二公園
秋元神社
つつじが岡第二公園

秋元神社は秋元家の祖霊社。秋元家の東京・駿河台本邸より昭和5年に移築。

館林花菖蒲園

旧秋元別邸の隣接地には、昭和34年に花菖蒲園が整備され、270品種40万本の花菖蒲が植栽されている。

彼岸花と十月桜
つつじが岡第二公園
 
つつじが岡第二公園
旧秋元別邸
群馬県館林市尾曳町8-1 地図
アクセス:東武伊勢崎線 館林駅より徒歩22分
館林
エリアガイド
館林 | 群馬県
県の南東端