旧横浜ゴム平塚製造所記念館

旧横浜ゴム平塚製造所記念館旧横浜ゴム平塚製造所記念館は、神奈川県平塚市の、JR東海道線の平塚駅より北へ徒歩11分に位置する、明治時代の洋館。
軍用火薬製造のため平塚に設立された日本爆発物製造の支配人用に明治時代に建てられた洋館で、戦後は横浜ゴムが所有していたが、平成期に市に寄贈され平塚八幡宮に隣接する八幡山公園に移築された。
洋館前にはバラ咲く庭も設けられている。

洋館
旧横浜ゴム平塚製造所記念館
旧横浜ゴム平塚製造所記念館

洋館は明治39~40年頃の建造か、あるいは同45年の再建。国登録有形文化財

バラの庭
旧横浜ゴム平塚製造所記念館

沿革

明治38年、軍用火薬製造のため、日本海軍と英国の3企業(アームストロング社、チルウォース社、ノーベル社)の合弁で日本火薬製造株式会社(明治40年に日本爆発物製造株式会社と改称)が設立され、本社はロンドン、支店・工場は平塚に置かれた。
工場は明治40年頃に完成したが、この洋館は、英国人支配人の執務室または住居として同時期に建設されたものとも、同44年に焼失し翌年再建されたものとも言われる。
大正8年、会社が日本海軍に買収され海軍火薬廠として発足すると、この洋館は横須賀水交社(海軍将校の社交クラブ)の平塚集会所となり、昭和20年の終戦まで続いた。
戦後は、占領軍による接収を経て、昭和25年、横浜ゴム株式会社が敷地ごと払い下げを受け応接や会議に使用したが、平成16年に平塚市へ寄贈され、同22年に八幡山公園に移築公開された。

旧横浜ゴム平塚製造所記念館 公式HP
時間:9:00-21:30 料金:無料 休館日:月(祝なら翌日)・年末年始
神奈川県平塚市浅間町1 八幡山公園内 地図
アクセス:JR東海道線 平塚駅より徒歩11分
平塚・大磯
エリアガイド
平塚・大磯 | 神奈川県
東海道の宿場町

近くには平塚八幡宮や平塚市博物館がある。

平塚八幡宮
スポットガイド
平塚八幡宮 | 神奈川県平塚市
相模国の一国一社八幡宮
平塚市博物館
スポットガイド
平塚市博物館 | 神奈川県平塚市
平塚の自然・歴史・民俗

東海道藤沢~大磯のエリアガイド
藤沢
エリアガイド
藤沢 | 神奈川県
藤沢宿と江ノ島
茅ヶ崎・寒川
エリアガイド
茅ヶ崎・寒川 | 神奈川県
茅ヶ崎とその内陸
平塚・大磯
エリアガイド
平塚・大磯 | 神奈川県
東海道の宿場町