明月院

明月院明月院(めいげついん)は、神奈川県鎌倉市の、JR横須賀線の北鎌倉駅より南東へ徒歩8分の地に位置する、臨済宗建長寺派の寺院。
平安末期の永暦元年(1160年)、明月庵として創建。一方、康元元年(1256年)には最明寺が創建され後に禅興寺として再興され関東十刹の第一位ともなるが、その康暦2年(1380年)の中興の際、明月庵は明月院と改められ禅興寺の塔頭となる。後の明治維新で禅興寺が廃絶すると、明月院のみが残った。
境内は国指定史跡で、戦後に植栽された数千株のアジサイで有名となり、あじさい寺の別名がある。

総門
明月院
総門内
明月院
月笑軒
明月院
時頼廟
明月院

北条時頼墓の石塔とともに廟所の堂がある。

山門
明月院
明月院
本堂
明月院

本堂裏の庭園は春秋に公開される。

枯山水庭園
明月院
開山堂(宗猷堂)
明月院
明月院

明月院やぐら(羅漢洞)は鎌倉最大とされるやぐら(鎌倉一帯に分布する中世墳墓跡)。中にある宝篋印塔は上杉憲方の墓と伝わる。

明月院
時間:9:00-16:00(6月は8:30-17:00) 拝観料:300円(春秋公開の本堂後庭園は+500円)
神奈川県鎌倉市山ノ内189 地図
アクセス:JR横須賀線 北鎌倉駅より徒歩8分