東勝寺跡

東勝寺跡東勝寺跡は、神奈川県鎌倉市の、JR横須賀線・江ノ島電鉄の鎌倉駅より東へ徒歩13分の地に位置する寺院跡。
元弘3年(1333年)、最後の執権北条高時は一族郎党と東勝寺に立て籠もるも最後は寺に火をかけて自害し、ここに鎌倉幕府は滅亡した。
国指定史跡であり、またユネスコ世界遺産暫定リスト「武家の古都・鎌倉」(イコモスに不登録勧告され推薦取り下げ)の構成資産であった。
東勝寺は後に再興され室町時代には関東十刹第三位に列したが、戦国時代頃に廃絶した。

東勝寺橋
東勝寺跡

東勝寺橋は、東勝寺跡の手前 [地図] で滑川に架かる鉄筋コンクリート橋。大正13年架橋。鎌倉市景観重要建築物。

東勝寺跡
東勝寺跡
北条高時腹切やぐら
東勝寺跡
東勝寺跡

北条高時が自刃したと伝わるやぐら。北条高時は宝戒寺にて徳崇大権現として祀られており、このやぐらも宝戒寺が管理している。

宝戒寺
スポットガイド
宝戒寺 | 神奈川鎌倉市
鎌倉の萩寺
東勝寺跡
神奈川県鎌倉市小町3-10 地図
アクセス:JR横須賀線・江ノ島電鉄 鎌倉駅より徒歩12分