王禅寺

王禅寺王禅寺(おうぜんじ)は、神奈川県川崎市の、小田急小田原線の柿生駅より東へ徒歩35分の地に位置する、真言宗豊山派の寺院。
また最寄りの王禅寺東三丁目バス停には、小田急線の柿生駅や新百合ヶ丘駅、東急田園都市線のあざみ野駅やたまプラーザ駅などからのバスが出ている。
奈良時代の天平宝字元年(757年)、孝謙天皇の夢に現れた観音菩薩の指示で武蔵国で発見された聖観音像を祀って堂を建立。平安時代の延喜17年(917年)、改めて王禅寺として創建。延喜21年(921年)には真言宗の寺院となり、東の高野山と称されたという。
自然豊かな境内には山寺の雰囲気が漂い、本堂脇には禅寺丸柿の原木もある。

表参道
王禅寺

王禅寺には東門 [地図] と西門 [地図] があり、表参道の入口は東門となるが、西門よりアクセスが良くない。
なお、西門は観音堂や本堂などの近くに設けられ、バス停も近い。

東門脇の池跡
王禅寺

干上がった池の中島には石祠がある。

観音堂参道
王禅寺

表参道を進むと、参道が右にも分岐する。正面をそのまま進むと観音堂、右に行くと本堂となる。

仁王門
王禅寺

仁王門は江戸前期の1678年建立。

観音堂
王禅寺

観音堂は江戸後期の1851年建立。
観音堂の手前を左に進むと西門、右に進むと本堂。

本堂参道
王禅寺

表参道で観音堂方面に進まず、本堂方面に直接進んだ場合の参道。

薬師如来堂
王禅寺
王禅寺
本堂
王禅寺

本堂から観音堂まではすぐ。

寺務所?と禅寺丸柿原木
王禅寺

寺務所?の前にあるのが禅寺丸柿の原木で、国登録記念物となっている。
鎌倉時代の1214年に発見された禅寺丸柿は日本最古の甘柿といわれ、この原木は樹齢450年と伝える。


明治維新時の神仏分離令まで、王禅寺は王禅寺村の鎮守5社(日枝神社、神明神社、稲荷神社、比川神社、白山神社)の別当寺であった。

王禅寺
神奈川県川崎市麻生区王禅寺940 地図
アクセス:小田急小田原線 柿生駅より徒歩35分
川崎
エリアガイド
川崎 | 神奈川県
東京と横浜に挟まれた政令市