香林寺

香林寺香林寺(こうりんじ)は、神奈川県小田原市の、箱根登山鉄道の箱根板橋駅より北西へ徒歩9分の地に位置する曹洞宗の寺院。
室町時代の文明16年(1484年)に創建された名刹で、境内は整っている。本堂裏には石窟もある。

山門
香林寺

山門は江戸中期の1698年建立。

山門内
香林寺
本堂
香林寺

本堂は江戸後期の1804年建立。本尊は釈迦如来。

鐘楼
香林寺

鐘楼は江戸末期の1859年建立。

弁天堂
香林寺

弁天堂は昭和53年建立。江島弁財天を勧請し鎮守としたもの。

三層仏塔
香林寺

中央の三層仏塔には釈迦牟尼を祀り、周囲には十二支守護尊を配置する。平成9年建立。

韶陽窟
香林寺
 
香林寺

韶陽窟は本堂裏にある石窟で、大雄山最乗寺2代目韶陽禅師が応永年間(1394-1428年)に修行したと伝える。
香林寺開山の大樹乗慶禅師はこの石窟に入り当寺を開創した。


なお、近くの板橋地蔵尊は香林寺が主管している。

板橋地蔵尊
スポットガイド
板橋地蔵尊 | 神奈川県小田原市
黄檗宗様式の本堂
香林寺
神奈川県小田原市板橋908 地図
アクセス:箱根登山鉄道 箱根板橋駅より徒歩9分
小田原 中心部
エリアガイド
小田原 中心部 | 神奈川県
小田原藩の城下町