松原神社

松原神社松原神社は、神奈川県小田原市の、小田急小田原線の小田原駅より南へ徒歩10分の地に位置する鎮守社。
小田原宿の総鎮守で、戦前の社格は県社。
平安時代の久安年間(1145-1150年)創建。後醍醐天皇の代(1318-1339年)、当所に真鶴が営巣していたため鶴ノ森明神と称した。天文年間(1532-1555年)、山王原村松原の海中より出現した十一面観音を託宣で移して本地仏として祀ったことから神号を松原大明神と称した。
江戸時代は小田原20ヶ町の総鎮守であったが、明治5年に大稲荷神社と居神神社に4ヶ町を割譲した。

社前
松原神社
神池と一ノ鳥居
松原神社
一ノ鳥居内
松原神社
拝殿
松原神社

拝殿は昭和6年建立。

本殿
松原神社

本殿は昭和4年建立。

社務所
松原神社

社務所は大正13年建立。

旧神輿庫
松原神社

旧神輿庫は大正15年建立。

手置神社
松原神社
その他の境内社
松原神社

例祭

松原神社の例祭は毎年5月初旬で、近隣の大稲荷神社、山王神社、居神神社の例祭や市主催の小田原北條五代祭りと同時開催される大規模な祭礼行事となっており、武者行列の後ろではこの4社などの神輿が連合渡御を行う。

松原神社
神奈川県小田原市本町2-10-16 地図
アクセス:小田急小田原線 小田原駅より徒歩10分
小田原 中心部
エリアガイド
小田原 中心部 | 神奈川県
小田原藩の城下町