俣野別邸庭園

俣野別邸庭園俣野別邸庭園は、神奈川県横浜市の、戸塚駅(JR東海道線・横須賀線、横浜市営地下鉄ブルーライン)または藤沢駅(JR東海道線・小田急江ノ島線・江ノ島電鉄)からバスが通じる鉄砲宿バス停より徒歩5分に位置する庭園。
住友財閥の住友家当主が昭和14年に設けた俣野別邸(住友家の本邸は大阪にあった)が平成12年に国有となり、同29年に整備公開された。家屋は土地とともに国の重要文化財に指定されていたが、平成21年に焼失したため指定解除され、同28年には新築で復元された。

内苑

内苑は、家屋(本邸)や一般用入口がある高台の地区。家屋の他には芝庭やもみじ谷がある。

正門
俣野別邸庭園

正門 [地図] は東海道方面に面する。最寄りのバス停「鉄砲宿」も旧東海道沿いにある。
正門には一般用駐車場はなく、駐車場は北入口 [地図] にある。なお、一般用入口は正門と北入口のみである。

芝庭と本邸
俣野別邸庭園
本邸(南面)
俣野別邸庭園
本邸(北面)
俣野別邸庭園

昭和14年に建造された旧本邸は国指定重要文化財となっていたが、平成21年に焼失し指定解除された。現在の本邸は平成28年に新築復元され、横浜市認定歴史的建造物となっている。
モダニズムの影響を受けた和洋折衷住宅で、主屋棟・子供室棟・サービス棟がY字型に配置されている。

附属屋
俣野別邸庭園

焼失前の附属屋は重文に附指定されていた。

外苑

外苑は、内苑から見下ろす低地に広がる庭園で、芝生広場を中心に、もみじ坂、四季の花苑、シャクナゲ園、あじさい園、つつじ園、竹林などが整備されている。

外苑
俣野別邸庭園
俣野別邸庭園
俣野別邸庭園

土地

家屋の焼失前は、家屋とともに土地も国指定重要文化財となっていた。土地の具体的な内容は宅地、畑、山林で、それには石垣、門塀、擁壁も含まれていた。

俣野別邸庭園 公式HP
時間:9:00-17:00(7-8月は-18:30) 料金:無料(館内400円) 休館日:第3木(祝なら翌日)・年末年始
神奈川県横浜市戸塚区東俣野町94-4 地図
アクセス:JR戸塚駅・藤沢駅よりバス
横浜 西部
エリアガイド
横浜 西部 | 神奈川県
横浜の保土ケ谷区・戸塚区・港南区以西

横浜市のエリアガイド
横浜 関内
エリアガイド
横浜 関内 | 神奈川県
開港以来の横浜の中心
伊勢佐木・山手
エリアガイド
伊勢佐木・山手 | 神奈川県
洋館群の残る山手など
横浜 中心部(広域)
エリアガイド
横浜 中心部(広域) | 神奈川県
子安~桜木町や本牧
横浜 北部
エリアガイド
横浜 北部 | 神奈川県
川崎市東部と接する地域
横浜 西部
エリアガイド
横浜 西部 | 神奈川県
保土ケ谷区・戸塚区・港南区以西
横浜 南東部
エリアガイド
横浜 南東部 | 神奈川県
磯子区・金沢区など