金剛寺

金剛寺金剛寺は、埼玉県朝霞市の、東武東上線の朝霞駅より北東へ徒歩17分の地に位置する、真言宗智山派の寺院。正式には不動山光照院金剛寺。
安土桃山時代から江戸初期にかけての文禄・慶長年間(1592-1615年)の頃に創建。
境内は整っている。

参道
金剛寺
山門
金剛寺

茅葺きの山門は江戸時代の建立。

本堂
金剛寺

本尊は、行基の作と伝える不動明王像及び両大師像。

朝霞高尾山
金剛寺
稲荷社
金剛寺

鎮守の稲荷社にはシャモジが奉納されている。

金剛寺
埼玉県朝霞市根岸台3-4-3 地図
アクセス:東武東上線 朝霞駅より徒歩17分
和光・朝霞・新座
エリアガイド
和光・朝霞・新座 | 埼玉県
東京練馬区の北隣り

近くには旧高橋家住宅がある。

旧高橋家住宅
スポットガイド
旧高橋家住宅 | 埼玉県朝霞市
重要文化財の農家

川越以南の東武東上線沿線のエリアガイド
和光・朝霞・新座
エリアガイド
和光・朝霞・新座 | 埼玉県
東京練馬区の北隣り
志木・富士見・ふじみ野
エリアガイド
志木・富士見・ふじみ野 | 埼玉県
JR武蔵野線以北の東武東上線沿線
川越
エリアガイド
川越 | 埼玉県
東武・西武・JRが接続する要衝