岩之上堂

岩之上堂岩之上堂(いわのうえどう)は、埼玉県秩父市の、秩父鉄道の大野原駅より西へ徒歩23分の地に位置する、臨済宗南禅寺派の寺院。秩父34ヶ所観音霊場第20番札所。
境内は秩父市指定史跡。
白河院の命で創建され、応仁年間に衰退し、天文永禄の乱で焼失し、天正年間に再興された。かつては近くに願上寺なる寺があったが廃寺となったため、内田家の管理となり、札所で唯一の個人所有の仏堂となっている。

参道
岩之上堂
観音堂
岩之上堂

観音堂は江戸中期の1703年建立。

観音堂内
岩之上堂
岩之上堂
熊野権現社
岩之上堂
岩之上堂
埼玉県秩父市寺尾2169 地図
アクセス:秩父鉄道 大野原駅より徒歩23分
秩父
エリアガイド
秩父 | 埼玉県
秩父地方の中心

前の札所(第19番札所)は龍石寺。

龍石寺
スポットガイド
龍石寺 | 埼玉県秩父市
秩父札所第19番

次の札所(第21番札所)は観音寺。

観音寺
スポットガイド
観音寺 | 埼玉県秩父市
秩父札所第21番

近くには他に旧秩父橋もある。

旧秩父橋
スポットガイド
旧秩父橋 | 埼玉県秩父市
県文化財の橋梁