甘棠院

甘棠院甘棠院(かんとういん)は、埼玉県久喜市の、JR宇都宮線・東武伊勢崎線の久喜駅より北西へ徒歩19分の地に位置する、臨済宗円覚寺派の寺院。
古河公方の足利政氏(1462-1531年、在職は1489-1512年)が当地に退位・隠居し、永正16年(1519年)には居館を甘棠院と称して寺院としたのが創建。
居館の空堀が残り、「足利政氏館跡及び墓」として埼玉県指定史跡となっている。

総門
甘棠院
空堀
甘棠院

空堀は境内の北・西・南の三方に残る。南側は、中門の手前にある。

中門
甘棠院
中雀門
甘棠院

中雀門から先は立ち入れない。

本堂
甘棠院

中雀門から覗いた本堂。


甘棠院の北側の空堀跡は埋められ、甘棠院史跡公園として整備されている。

甘棠院
埼玉県久喜市本町7-2-18 地図
アクセス:JR宇都宮線・東武伊勢崎線 久喜駅より徒歩19分
久喜・幸手
エリアガイド
久喜・幸手 | 埼玉県
東武線とJR宇都宮線の交点

近くには光明寺がある。

光明寺
スポットガイド
光明寺 | 埼玉県久喜市
若干珍しい注連縄あり

県東端のエリアガイド
越谷・草加
エリアガイド
越谷・草加 | 埼玉県
東武伊勢崎線沿線の東京との県境
春日部・宮代・杉戸
エリアガイド
春日部・宮代・杉戸 | 埼玉県
越谷と幸手・久喜の間
久喜・幸手
エリアガイド
久喜・幸手 | 埼玉県
東武線とJR宇都宮線の交点
加須・羽生
エリアガイド
加須・羽生 | 埼玉県
県の北東端