川越熊野神社

川越熊野神社川越熊野神社は、埼玉県川越市の、西武新宿線の本川越駅より北へ徒歩8分、またはJR川越線・東武東上線の川越駅より北へ徒歩17分の地に位置する鎮守社。
安土桃山時代の天正18年(1590年)、紀州熊野権現を勧請して創建。
境内はさほど広くはないながらも、駅から近い立地を活かして多くの参拝客を集める、市中心部の神社。

一ノ鳥居
川越熊野神社
二ノ鳥居
川越熊野神社
茅の輪
川越熊野神社

当社では茅の輪は年中立てているようだ。

拝殿
川越熊野神社
本殿
川越熊野神社
神楽殿
川越熊野神社
むすびの庭
川越熊野神社
厳島神社
川越熊野神社
川越銭洗弁戝天
川越熊野神社

厳島神社の宝池(川越銭洗弁戝天)は平成19年完成。

社務所
川越熊野神社

社務所は昭和16年築。


明治維新時の神仏分離まで、蓮馨寺が当社の別当寺を務めた。

川越熊野神社 公式HP
埼玉県川越市連雀町17-1 地図
アクセス:西武新宿線 本川越駅より徒歩8分/ JR川越線・東武東上線 川越駅より徒歩17分