片倉シルク記念館

片倉シルク記念館片倉シルク記念館は、埼玉県熊谷市の、JR高崎線・秩父鉄道の熊谷駅より西へ徒歩17分の地に位置する企業博物館。経済産業省認定「近代化産業遺産」。
片倉工業株式会社最後の製糸工場であった熊谷工場は、明治40年、当時の片倉組が三木原製糸場を買収して石原製糸所と改称したのに始まる。
平成6年の熊谷工場閉鎖に際し、繭貯蔵庫2棟を整備し、現在は生糸製糸や同社の歴史などに関する資料を公開している。

蔵造り倉庫(左)と蜂の巣倉庫(右)
片倉シルク記念館

「蔵造り倉庫」は、三木原製糸場時代の明治32年築。工場閉鎖時は第2倉庫となっていた。
「蜂の巣倉庫」は、昭和11年に福島県郡山の製糸工場で建てられ、昭和40年に現在地に移築。工場閉鎖時は第4倉庫。繭を貯蔵する縦穴が蜂の巣のように見えたので「蜂の巣倉庫」と呼ばれた。

片倉シルク記念館

館内には製糸業に関する展示物や、片倉工業及び熊谷工場の資料などが展示されている。

かつての熊谷工場の縮小模型
片倉シルク記念館

片倉工業は明治28年の片倉組設立以来、長きに渡って製糸業を営んできたが、平成6年に当社最後の製糸工場であった熊谷工場が閉鎖を機に、製糸業から撤退した。

片倉シルク記念館
時間:10:00-17:00 料金:無料 休館日:月火・盆・年末年始等
埼玉県熊谷市本石2-135 地図
アクセス:JR高崎線・秩父鉄道 熊谷駅より徒歩17分
熊谷
エリアガイド
熊谷 | 埼玉県
新幹線で大宮の次

熊谷駅周辺には他に、高城神社や星渓園などがある。

高城神社
スポットガイド
高城神社 | 埼玉県熊谷市
熊谷宿の総鎮守
星渓園
スポットガイド
星渓園 | 埼玉県熊谷市
地元の名士が造った日本庭園