星渓園

星渓園星渓園は、埼玉県熊谷市の、JR高崎線・秩父鉄道の熊谷駅より西へ徒歩12分の地に位置する日本庭園。
江戸前期の元和9年(1623年)に起きた荒川の洪水で出来た「玉の池」に、幕末の慶応年間(1865-1868年)から明治元年(1868年)にかけて、熊谷市の名士であった竹井澹如が別邸を設けて造った回遊式庭園で、昭和初期に星溪園と命名され、昭和25年に熊谷市が譲り受けた後、整備公開された。熊谷市指定名勝。

正門
星渓園
正門内
星渓園
星溪寮
星渓園
積翠閣
星渓園

当初は昭和5年に建てられ、平成2~4年の園内整備で数奇屋感覚を取り入れて復元。

庭園
星渓園
星渓園
星渓園
時間:9:00-17:00(11-2月は-16:00) 料金:無料 休園日:月(祝なら翌日)・年末年始
埼玉県熊谷市鎌倉町32 地図
アクセス:JR高崎線・秩父鉄道 熊谷駅より徒歩12分
熊谷
エリアガイド
熊谷 | 埼玉県
新幹線で大宮の次

熊谷駅周辺には他に、高城神社や片倉シルク記念館などがある。

高城神社
スポットガイド
高城神社 | 埼玉県熊谷市
熊谷宿の総鎮守
片倉シルク記念館
スポットガイド
片倉シルク記念館 | 埼玉県熊谷市
製糸工場の戦前の大規模倉庫を転用