高城神社

高城神社高城(たかぎ)神社は、埼玉県熊谷市の、JR高崎線・秩父鉄道の熊谷駅より北西へ徒歩10分の地に位置する、熊谷宿の総鎮守。戦前の社格は県社
創建は奈良時代以前と伝える。
社殿は江戸前期のものが残る。

一ノ鳥居
高城神社

一ノ鳥居は大通り(国道17号)に面して立つ。その前にある社号標も珍しい形。

三ノ鳥居
高城神社
三ノ鳥居内
高城神社
青銅常夜灯
高城神社

常夜灯は江戸後期の1841年建立。青銅製で、高さは2.75m。熊谷市指定有形民俗文化財。

手水舎
高城神社

手水舎には彫刻が多い。

拝殿
高城神社

拝殿は江戸前期の1671年築。

社殿全景
高城神社
本殿
高城神社

本殿も1671年築。

天神社
高城神社

末社天神社の周囲には赤石が敷き詰められている。病気の者はこの赤石を借りて患部をさすれば治癒し、新生児は食い初めの日に歯茎に当てると丈夫な歯が生えるとされる。成就すれば借りた赤石とともに荒川で拾った赤石も奉納する。

六社
高城神社

このような横長の小型社殿で瓦葺きなのは少し珍しい。


明治元年の神仏分離令まで、当社の別当寺は星渓園隣りにある石上寺であった。

高城神社 公式HP
埼玉県熊谷市宮町2-93 地図
アクセス:JR高崎線・秩父鉄道 熊谷駅より徒歩10分
熊谷
エリアガイド
熊谷 | 埼玉県
新幹線で大宮の次

熊谷駅周辺には他に、星渓園や片倉シルク記念館などがある。

星渓園
スポットガイド
星渓園 | 埼玉県熊谷市
地元の名士が造った日本庭園
片倉シルク記念館
スポットガイド
片倉シルク記念館 | 埼玉県熊谷市
製糸工場の戦前の大規模倉庫を転用