平林寺

平林寺平林寺は、埼玉県新座市の、JR武蔵野線の新座駅より南へ徒歩29分の地に位置する、臨済宗妙心寺派の名刹。
南北朝時代の永和元年(1375年)、岩槻(現・さいたま市内)に創建。秀吉の小田原征伐で衰退するも、家康の庇護で天正20年(1592年)に中興。江戸前期の寛文3年(1663年)、現在地へと移転。
臨済宗妙心寺派の僧侶が修行を行う専門僧堂が設置された、関東の禅寺でもかなりの有力寺院で、江戸時代に建てられた諸堂が並び、特に一直線に並ぶ総門・山門・仏殿・中門は茅葺きを維持している。また放生池や鎮守の半僧坊、壮大な大河内松平家墓所、国の天然記念物に指定された広大な雑木林などもある。

総門
平林寺

総門(惣門)は1765年建立。埼玉県指定有形文化財

総門内
平林寺
山門
平林寺

山門(三門)は江戸前期の1665年に岩槻の旧地より移築。埼玉県指定有形文化財

仏殿
平林寺

仏殿は江戸前期の1664年に岩槻の旧地より移築。埼玉県指定有形文化財

中門
平林寺

中門は江戸時代の建立。埼玉県指定有形文化財。かつては近寄ることができたが、現在は近づけなくなっている。

本堂
平林寺

本堂は明治13年建立だが旧規に則ったもの。かつては公開されていたが、現在は非公開で、遠方から眺めることができるのみ。
なお、本堂の背後にある奥庭(林泉境内)は埼玉県指定名勝だが、これも非公開。

経蔵
平林寺

経蔵は江戸前期の1672年建立。

戴渓堂
平林寺

戴渓堂(観音堂)は江戸中期の1713年建立。独立性易(中国清朝からの渡来僧で、当寺にも招かれた)坐像とその念持仏の観音像を安置。

鐘楼
平林寺

鐘楼は江戸中期の1750年建立。

放生池
平林寺

錦鯉が泳ぐ放生池の中島には弁天社の祠(昭和28年建立)が立つ。

平林寺堀
平林寺

平林寺堀は、埼玉県指定史跡である野火止用水の一部。
野火止用水(の本流)は、東京都小平市の玉川上水から埼玉県志木市の新河岸川までの25kmを1665年に開削した用水路で、1663年に平林寺が当地に移転すると、そこにも支流の用水路(平林寺堀)が引かれた。

境内林
平林寺

13万坪もの広さがある境内林は、武蔵野の面影を残す雑木林で国指定天然記念物
雑木林の散策路沿いには野火止塚や業平塚、歴代塔所もあるが、基本的には普通の雑木林である。

半僧坊感応殿

半僧坊は天狗姿の権現で、当寺の守護神。浜松・方広寺、鎌倉・建長寺、平林寺で三大半僧坊だと称している。
毎年4月17日(曜日に関わらず日程固定)に開催される半僧坊大祭では、練り行列や大般若経の転読などが行われ、多くの露店が並ぶ。

半僧門
平林寺

車道に面する半僧門は平成29年建立。半僧坊感応殿の正式参拝用の門で、半僧坊大祭が開催される4月17日のみ開門。

半僧門内
平林寺
感応殿 拝殿
平林寺
感応殿 本殿
平林寺

半僧坊感応殿は拝殿と本殿を連結した神社社殿風の建物。明治41年建立。

旧半僧門
平林寺

前代の半僧門は、袖塀を撤去したうえ、手水舎の裏の林の中に移築されている。

参集所
平林寺

感応殿の隣りに立つ参集所は大正2年建立。

参集所の絵馬
平林寺

参集所は休憩所となっていて、絵馬も若干飾られている。

大河内松平家墓所

伽藍の背後に広がる、約3000坪にも及ぶ大河内松平家の壮大な墓所には、一族歴代の墓石170基余が立ち並ぶ。大河内松平家には大名家3家(幕末時点では三河吉田藩、上総大多喜藩、上野高崎藩の藩主)のほか旗本家もあった。

松平伊豆守信綱夫妻の墓
平林寺

一族の墓のうち、松平伊豆守信綱とその正室の五輪塔は埼玉県指定史跡。松平伊豆守信綱(1596-1662年)は知恵伊豆と呼ばれ、第3代将軍・徳川家光の庇護を得て旗本から大名・老中へと出世し、また川越藩主として地域の発展に寄与した。

大河内松平家墓所
平林寺
平林寺
平林寺
平林寺

現在は非公開の諸堂

かつての公開範囲は現在より広かった。以下の建物は、2007年訪問時には公開されていたが、現在は非公開のもの。

本堂
平林寺

本堂はその正面まで行き、堂内も覗くことができた。同様に、本堂の前方にある中門にも近づくことが可能であった。

庫裏(左)と台所(右)
平林寺

庫裏と台所は明治40年頃の建立。ここへのルートは現在通行止め。

平林寺

この建物へのルートも現在は通行止め。

横門
平林寺

横門は現在も車道からは一応見えるが、この写真のようには良く見えない。形状的に、茅葺き屋根に金属板を被せていると思われる。

睡足軒の森

平林寺の道路向かいにある睡足軒(すいそくけん)は平林寺の塔頭で、飛騨高山の古民家が移築されている。
元は財界人・大茶人の松永安左エ門が構えた別邸であったが昭和47年に平林寺に寄贈され、現在は平林寺から新座市へ無償貸与され、境内が「睡足軒の森」として公開されている。
この古民家(睡足軒)は松永安左エ門が移築したもので国登録有形文化財。また敷地も平林寺境内林の一部として国指定天然記念物である。

睡足軒
睡足軒
睡足軒の森
埼玉県新座市野火止3-1-1 地図
平林寺 公式HP
時間:9:00-16:00 拝観料:500円 休観日:12/31・2月
埼玉県新座市野火止3-1-1 地図
アクセス:JR武蔵野線 新座駅より徒歩29分
和光・朝霞・新座
エリアガイド
和光・朝霞・新座 | 埼玉県
東京練馬区の北隣り

川越以南の東武東上線沿線のエリアガイド
和光・朝霞・新座
エリアガイド
和光・朝霞・新座 | 埼玉県
東京練馬区の北隣り
志木・富士見・ふじみ野
エリアガイド
志木・富士見・ふじみ野 | 埼玉県
JR武蔵野線以北の東武東上線沿線
川越
エリアガイド
川越 | 埼玉県
東武・西武・JRが接続する要衝