旧坂東家住宅見沼くらしっく館

旧坂東家住宅見沼くらしっく館旧坂東家住宅見沼くらしっく館は、埼玉県さいたま市の、JR東北本線の大宮駅より東へ車20分の地に位置する古民家。
坂東家(屋号・加田屋)は江戸の商人であったが、江戸中期の見沼開発に際して加田屋新田を開発し、以来当地の名主を務めた。
その江戸末期に建てられた旧宅は市の文化財に指定され、一般公開されている。

主屋 外観
旧坂東家住宅見沼くらしっく館

主屋は江戸末期の1857年建立。さいたま市指定有形文化財。右端の張り出し部分は「うまや」、中央左寄りの瓦葺きの庇がある部分は式台付玄関。

主屋 屋内
旧坂東家住宅見沼くらしっく館
旧坂東家住宅見沼くらしっく館
旧坂東家住宅見沼くらしっく館
時間:9:00-16:30 入場料:無料 休館日:月(祝なら祝日)・祝翌日・年末年始
埼玉県さいたま市見沼区片柳1266-2 地図
アクセス:JR東北本線 大宮駅より車20分
さいたま市 見沼・岩槻
エリアガイド
さいたま市 見沼・岩槻 | 埼玉県
さいたま市の東部

さいたま市以南のエリアガイド
さいたま市 浦和・大宮・西部
エリアガイド
さいたま市 浦和・大宮・西部 | 埼玉県
さいたま市の中央・西部
さいたま市 見沼・岩槻
エリアガイド
さいたま市 見沼・岩槻 | 埼玉県
さいたま市の東部
川口・蕨・戸田
エリアガイド
川口・蕨・戸田 | 埼玉県
さいたま市と東京の狭間