足利織物記念館

足利織物記念館足利織物記念館は、栃木県足利市の、JR両毛線の足利駅より東へ徒歩14分の地に位置する、明治時代の足利の織物産業を今に伝える近代化遺産。
足利織物記念館には木村織物の事務棟と工場棟のほか、創業家の住宅も保存されている。

事務所棟とホール棟
足利織物記念館
事務所棟
足利織物記念館

旧木村織物事務所棟は明治44年竣工で木骨石造。栃木県指定有形文化財

ホール棟
足利織物記念館

ホール棟は旧木村織物工場棟。明治25年竣工。栃木県指定有形文化財

住宅棟

事務所棟とホール棟の東隣りにある住宅棟は明治初期に建造された旧木村家住宅で、木村家は木村織物の創業者であった。通常は門外から外観をうかがうことができるのみだが、秋の「文化財一斉公開」事業で門内が公開される。

全景
足利織物記念館

煉瓦塀に囲まれて、主屋や土蔵2棟などが立つ。通常は門内は非公開。

主屋
足利織物記念館
西の土蔵
足利織物記念館
庭園
足利織物記念館

足利の織物産業

足利は奈良時代から織物の記録が残り、江戸時代には足利織や足利織物として全国に知られていたという。明治中期頃よりは絹織物に注力し、輸出の増大も図った。また銘仙では伊勢崎、秩父、八王子、桐生とともに五大産地の一つとされた。
現在では市内に足利織物伝承館が設けられ、資料の展示や体験教室などを提供している。

足利織物記念館
時間:9:00-16:00(雨天閉館) 料金:無料
栃木県足利市助戸仲町453-2 地図
アクセス:JR両毛線 足利駅より徒歩14分
足利
エリアガイド
足利 | 栃木県
足利氏の本貫地