西新井大師(総持寺)

Nishiarai-daishi西新井大師(総持寺)は、東京都足立区にある、真言宗豊山派の比較的大規模な寺院。関東三大師の1つを名乗る。東武大師線の大師前駅の駅前にあるが、大師線は、東武スカイツリーラインの西新井駅より分岐する1駅区間のみの路線。
平安時代の天長3年(826年)、弘法大師空海が当地を通過した際に創建されたと伝える。第二次世界大戦の戦禍を免れたため、戦前からの堂宇が比較的残る。

山門
山門

山門は江戸後期に建造された楼門で、足立区指定有形文化財。

大本堂
大本堂

大本堂は戦後の昭和46年に鉄筋コンクリートで再建。戦災で失われたのではなく、戦後に火災で焼失した。

書院
書院
三匝堂
三匝堂

三匝堂はサザエ堂(螺旋階段を一方通行でたどると最上階へ登り降りできる仏堂で、その通路沿いには仏像が配置され参拝することができる)で、足立区登録有形文化財。
『竹の塚今昔物語』には、三匝堂は江戸時代後期の1834年に建造され、明治17年に改造された際に内階段が外階段になったとあるが、現在は外階段も無い。

塩地蔵
塩地蔵

塩地蔵はイボ取りに霊験があり、願をかけて功徳があった場合は塩を倍返しする。塩地蔵に類するものは東京都区部では、西新井大師のほかにも約10社寺にある。

六角観音堂
六角観音堂
鐘楼前の池
鐘楼前の池

鐘楼の前には小さな池がある。

藤棚
藤棚

鐘楼前の池の脇には樹齢700年とも言われる藤があり、4月下旬頃、牡丹とともに満開となる。

大本堂脇の池
大本堂脇の池

大本堂の西脇にも池があり、弁天堂の小祠が祀られ、石橋が架かる。

不動堂
不動堂
奥の院
奥の院

奥の院は高野山奥の院を模して江戸時代後期の1805年に建造された。

出世稲荷明神
出世稲荷明神

出世稲荷明神の壁面全面には彫刻が施されているが、幕で良く見ることが出来ない。

東門
東門

東門は近年建て替えられたもの。

光明殿への参道
光明殿
光明殿と八角堂
光明殿
石塔
光明殿

境内には凝った造形の大型石塔も何基か立つ。

牡丹園

西新井大師には3ケ所の牡丹園(第二・第三・第四牡丹園)があり、うち最も大きい第二牡丹園では百品種2500株の牡丹が咲き誇る。4~5月頃の開花期のみ公開(無料)。この第二牡丹園の隅にはアジサイや花菖蒲も植えられており、その区画はその開花時期に公開される。

第二牡丹園
西新井大師牡丹園
西新井大師牡丹園

主な年中行事

西新井大師には以下のような年中行事がある。

年始 - 除夜の鐘、及び初詣

西新井大師の除夜の鐘は、元旦0時より、並んだ全員が鐘を撞くことが可能。また初詣スポットとしても多くの参拝者がある。

1月21日 - 初大師

弘法大師の縁日は毎月1・8・11・21・28日だが、年の最初の縁日は1月21日となる。達磨などの縁起物を売る露店が出る。

2月3日 - だるま供養、節分豆まき

西新井大師では節分の日には、ご蠕虫に不要になった達磨をお焚き上げし、午後に豆まきをする。豆まきには有名人が参加する。

7月頃 - よさこいフェスタ

境内及び門前町で、多くの団体がよさこいを披露する。この行事に関する詳細は「西新井大師 よさこいフェスタ」の記事を参照。

西新井大師 よさこいフェスタ
イベントガイド
西新井大師 よさこいフェスタ | 東京都足立区
7月頃開催。境内および門前町で多くの団体がよさこいを披露
よさこいフェスタ
西新井大師 よさこいフェスタ

7月 - 風鈴祭り

日本全国の様々な風鈴を約1ヶ月間、展示即売(訪れた際は風鈴はこのテントのみであった)。日曜日には和太鼓も奉納演奏される。

風鈴祭り
西新井大師 風鈴祭り

8月下旬 - 西新井大師夏まつり

夕方から盆踊りが開催される。

12月21日 - 納めの大師

一年で最後の縁日で、東京では年内で最後だという熊手市が立つ。


西新井大師(総持寺) 公式HP
東京都足立区西新井1-15-1 地図
アクセス:東武大師線 大師前駅より徒歩0分
足立区
エリアガイド
足立区 | 東京都
荒川区・葛飾区の北隣り。北千住、西新井など