ニコライ堂

Nikoraidoニコライ堂は、東京都千代田区の、JR中央線の御茶ノ水駅より南へ徒歩3分、または東京メトロ丸ノ内線の新御茶ノ水駅より北へ徒歩2分の地に位置する、東方正教会系の教会堂。正式名称は日本ハリストス正教会東京復活大聖堂。明治24年に建立された日本最大級のビザンチン建築で、国指定重要文化財。
敷地内に立つ教団事務局や主教館なども戦前の建築と思われる。関東大震災の際には大きな被害を受け、復旧時に若干デザインが変更された。

ニコライ堂(北側)
ニコライ堂
ニコライ堂(南側)
ニコライ堂

ニコライ堂は国指定重要文化財。明治24年に建造された、日本最大級のビザンチン(ビザンティン)建築である。煉瓦造りで、設計にはジョサイア・コンドルも参加している。

大聖堂事務局
大聖堂事務局
主教館
主教館
教団事務局(旧ニコライ学院)
教団事務局
ニコライ小聖堂
ニコライ小聖堂
名称不詳
ニコライ堂

名称は不明の建物だが、後述の江戸東京博物館にあるニコライ堂のミニチュア模型には、この建物と思しき建物がある。

ニコライ堂のミニチュア模型

墨田区の両国駅近くにある江戸東京博物館には、明治時代のニコライ堂のミニチュア模型がある。

江戸東京博物館
スポットガイド
江戸東京博物館 | 東京都墨田区
江戸・東京の建築の原寸模型も多い都立博物館
ニコライ堂模型
ニコライ堂
ニコライ堂
ニコライ堂
[聖堂拝観] 時間:13-16時(10-3月は-15:30)
東京都千代田区神田駿河台4-1-3 地図
アクセス:JR中央線 御茶ノ水駅より徒歩3分/ 東京メトロ丸ノ内線 新御茶ノ水駅より徒歩2分
千代田区 北部、江戸城跡
エリアガイド
千代田区 北部、江戸城跡 | 東京都
皇居・神田など
千代田区 南・東・西部
エリアガイド
千代田区 南・東・西部 | 東京都
丸の内、霞ケ関、九段など