堀切菖蒲園

堀切菖蒲園堀切菖蒲園は、東京都葛飾区の、京成本線の堀切菖蒲園駅より南西へ徒歩8分の位置にある花菖蒲園で、葛飾区指定名勝。堀切は江戸時代から花菖蒲園の地として有名であったが、現在残るのは堀切菖蒲園のみである。
堀切菖蒲園の母体となった堀切園は、明治時代に開園した花菖蒲園で、戦後に東京都が購入し、後に区立の施設となった。小規模な日本庭園風で、花菖蒲が約200種6000株植栽されている。見頃は6月で、この時期には堀切かつしか菖蒲まつりが開催される。
なお、葛飾区では同時期に都立水元公園でも菖蒲まつりが開催され、こちらの菖蒲は約100種1万4000株となっているが、こちらは駅からは少し遠く、また歴史も浅い。

堀切菖蒲園
堀切菖蒲園
堀切菖蒲園
堀切菖蒲園
堀切菖蒲園
堀切菖蒲園
堀切菖蒲園
時間:9:00-17:00 料金:無料 休園日:12/29-1/3
東京都葛飾区堀切2-19-1 地図
アクセス:京成本線 堀切菖蒲園駅より徒歩8分
葛飾区
エリアガイド
葛飾区 | 東京都
東京の東北端。亀有、柴又など

近くには極楽寺や江戸時代築造の郷倉がある。

極楽寺
スポットガイド
極楽寺 | 東京都葛飾区
深川・富岡八幡宮の元宮があったと伝える寺
郷倉
スポットガイド
郷倉 | 東京都葛飾区
江戸期の年貢米収納蔵