木下川薬師(浄光寺)

Jokoji木下川薬師(浄光寺)は、東京都葛飾区の、京成押上線の四ツ木駅より南へ徒歩11分の位置ある、天台宗の寺院。浅草寺の筆頭格の末寺だった。
歴史は平安時代の嘉祥2年(849年)、最澄自刻の薬師如来像を草庵に安置した事に始まる。草庵は貞観2年(860年)に浄光寺となった。江戸時代は江戸城紅葉山の歴代徳川将軍の霊屋の別当を務めていた。明治12年には勝海舟が、西郷隆盛の留魂祠と留魂碑を当寺に建てた(が、大正2年、大田区の洗足池公園に移された)。

洗足池
スポットガイド
洗足池 | 東京都大田区
寺社史跡に囲まれた風光明媚な景勝地
仁王門
木下川薬師
本堂
浄光寺
鐘楼
木下川薬師
木下川薬師
浄光寺 公式HP
東京都葛飾区東四つ木1-5-9 地図
アクセス:京成押上線 四ツ木駅より徒歩11分
葛飾区
エリアガイド
葛飾区 | 東京都
東京の東北端。亀有、柴又など

更に少し南に向かうと、中川を超えた先に外谷汐入庭園がある。

浄光寺
スポットガイド
外谷汐入庭園 | 東京都葛飾区
個人宅跡の潮入庭園