梅窓院

梅窓院梅窓院は、東京都港区の、東京メトロ銀座線の外苑前駅より南へ徒歩1分に位置する浄土宗の寺院。
江戸時代初期の寛永20年(1643年)に創建。
境内はモダン和風に整備されており、一部の堂宇は著名建築家である隈研吾の設計。

表参道
梅窓院
山門
梅窓院
山門内
梅窓院

右手の高層のオフィス棟(SCSK青山ビル)は境内に定期借地権を設定して建てたもので、設計は松田平田設計。

寺院棟(東側)
梅窓院
寺院棟(西側)
梅窓院

寺院棟は地下2階・地上5階建てビルで本堂、祖師堂、観音堂、法堂、客殿などが入る。隈研吾設計で平成15年竣工。

住居棟・庫裏A棟
梅窓院

住居棟・庫裏A棟は地下2階・地上14階建てビルで、北側が住居棟、南側が庫裏A棟。隈研吾設計で平成15年竣工。

庫裏B棟
梅窓院
梅窓院
東京都港区南青山2-26-38 地図
アクセス:東京メトロ銀座線 外苑前駅より徒歩1分
港区 北部
エリアガイド
港区 北部 | 東京都
赤坂・六本木・南青山・浜松町・芝公園など
港区 中・南部、台場
エリアガイド
港区 中・南部、台場 | 東京都
麻布・白金・高輪・芝浦・台場など