熊谷恒子記念館

熊谷恒子記念館熊谷恒子記念館は、東京都大田区の、都営浅草線の西馬込駅より東へ徒歩8分の地にある、書家・熊谷恒子の旧宅を保存・整備した資料館。
熊谷恒子(1893-1986年)は女性かな書を得意とする書家で、京都市に生まれ、大正3年に東京に転入し、昭和11年に現在地にこの自宅を新築して居を構え、終の住処とした。
館内には熊谷の作品が展示されている。館内は撮影禁止。春秋に庭園が公開される。

公道からの姿
熊谷恒子記念館

家屋は昭和11年竣工。

玄関
熊谷恒子記念館

館内は撮影禁止なので、通常期はこれから先は写真を撮る所は無い。

春秋の庭園公開

春(5月初旬頃)と秋(9月頃後期頃)には庭園公開と称して、庭園に出ることがでて写真を撮ることができる。
なお、庭園公開時以外でも、館内の窓越しに庭を見ることはできるが、写真を撮ることはできない。

庭園
熊谷恒子記念館
家屋
熊谷恒子記念館

家屋の南面を見ることができるのも庭園公開時のみ。

馬込文士村大桜まつり

熊谷恒子記念館近くの桜並木では、4月上旬の桜の開花時期に馬込文士村大桜まつりが開かれる。この日、近隣の熊谷恒子記念館び龍子記念館及は無料となり、龍子公園はガイド無しに自由に敷地内を歩くことができる。

馬込文士村大桜まつり
イベントガイド
馬込文士村大桜まつり | 東京都大田区
4月上旬。桜並木で流し踊りなど。露店多数
龍子公園
スポットガイド
龍子公園 | 東京都大田区
日本画家の住居とアトリエ
熊谷恒子記念館
時間:9:00-16:30 料金:100円 休館日:月(祝なら開)・年末年始
東京都大田区南馬込4-5-15 地図
アクセス:都営浅草線 西馬込駅より徒歩8分
大田区
エリアガイド
大田区 | 東京都
都区部の最南端。蒲田、羽田、田園調布など