新田神社

Nitta Shrine新田神社は、東京都大田区の、東急多摩川線武蔵新田駅より南へ徒歩3分の、多摩川からさほど遠くない地に鎮座する神社。
戦前の社格は東京府(東京都)の府社に列した。
南北朝時代の南朝方の武将であった新田義興を祀る神社で、社殿の背後には祭神の墓と伝える塚もある。
新田義興は新田義貞の第二子で、多摩川を舟で渡る途中に北朝方に謀られて渡し舟を沈没させられ主従ともども憤死し、怨霊と化し人々を悩ましたため、それを鎮めるために神として祭られた。その後、江戸時代には武運の神として祀られるようになった。

鳥居
新田神社
手水舎
新田神社

手水舎は、新田神社のHPを見ると、伊勢神宮から昭和50年に下付されたとある。サイズから言って下付された部材で作ったのであって、移築ではない?

拝殿
新田神社

現在の拝殿は、昭和35年に移築された幣殿・本殿にあわせて新造。拝殿前には、伊勢神宮から昭和31年に下付された神灯が立つ。

幣殿・本殿
新田神社

幣殿・本殿は、明治神宮の旧仮殿を昭和35年に移築したもの。明治神宮は第二次世界大戦の空襲で焼失したため、戦後にこの仮社殿を造営し、祭祀を行っていた。

明治神宮
スポットガイド
明治神宮 | 東京都渋谷区
近代を代表する巨大神社
神木
新田神社

神木のケヤキは樹齢700年。

御塚
新田神社

社殿背後の御塚(別名は荒山、迷い塚)は直径15mの円墳で、祭神新田義興の墓と伝える。入ると祟りがあると言われる。
かつて「舟杉」という樹が生えていたが、落雷で枯死した。この杉は、義興が乗っていて沈没した船で棺を作り、義興を埋葬した後、その棺から生じた杉だとの伝承があった。
また、源氏の白旗を立てたのが根付いたとされる、「旗竹」という篠竹が生えている。
なお、義興の墓と伝える地は、他に埼玉県入間市の入間愛宕神社や、群馬県太田市の威光寺にもある。うち入間愛宕神社の伝では、首は入間に埋められ、新田神社には胴が埋められているという。

入間愛宕神社
スポットガイド
入間愛宕神社 & 長泉寺 | 埼玉県入間市
日光脇往還の宿場の社寺
入間愛宕神社の義興公首塚
入間愛宕神社

破魔矢と矢守

新田神社は、破魔矢発祥の地を称している。平賀源内が、門前の茶店で売られていた縁起物を元に、境内の篠竹で矢守(破魔矢の元祖)を作ることを考案したとする。現在は、矢守を正月に授与している。

例大祭

新田神社の例大祭は10月10日。
午後には立身流の古武道奉納演武がある。また、年に一度の宝物殿公開もある。ただし、通常の年は神輿の渡御はない。
このほか、特徴的な祭礼として、2016年から始まった、商店街主催の武者パレードがある。自作の甲冑を身につけた参加者が行列するというもので、第1回は1月に催された。

新田神社 公式HP
東京都大田区矢口1-21-23 地図
アクセス:東急多摩川線 武蔵新田駅より徒歩3分
大田区
エリアガイド
大田区 | 東京都
都区部の最南端。蒲田、羽田、田園調布など