龍子公園

Ryushi Garden龍子公園は、東京都大田区の、都営浅草線の西馬込駅より東へ徒歩15分の地にある、日本画家川端龍子(1885-1966年)の旧宅兼アトリエを整備した庭園。
旧邸は川端龍子自身の設計によるもので、ここに大正9年から昭和41年にかけて居住した。なお、名前の読みは「かわばたりゅうし」であり、男性である。
母屋は空襲で焼失し、昭和23~29年頃に再建されたものだが、アトリエは焼失を免れ、昭和13年に建造されたものが残る。和風住宅と調和した和風庭園が美しく、「爆弾散華の池」は、爆撃の跡を龍子が池として造成したもの。
園内は自由観覧方式ではなく、向かいにある龍子記念館の開館日における、1日3回のガイド方式。

龍子公園
龍子公園
龍子公園
龍子公園
龍子公園
龍子公園
龍子公園
龍子公園
[ガイド] 時間:10時・11時・14時 料金:無料 休園日:龍子記念館休館日(月(祝なら翌日)・展示替期間・年末年始)
東京都大田区南馬込4-49-11 地図
アクセス:JR京浜東北線 大森駅より徒歩20分/ 都営浅草線 西馬込駅より徒歩15分
大田区
エリアガイド
大田区 | 東京都
都区部の最南端。蒲田、羽田、田園調布など

龍子記念館

龍子公園の道路向かいにある龍子記念館は、川端龍子が昭和37年(1962年)に、自らの作品を収蔵する私設美術館として設立したもので、平成3年(1991年)より大田区が引き継いで運営している。
建物は龍子みずからが設計し、タツノオトシゴ型をしている。

龍子記念館
龍子記念館
龍子記念館 公式HP
料金:200円
東京都大田区中央4-2-1 地図

馬込文士村大桜まつりと龍子記念館・龍子公園

龍子記念館・龍子公園近くの桜並木では、4月上旬の桜の開花時期に馬込文士村大桜まつりが開かれる。この日、近隣の龍子記念館及び熊谷恒子記念館は無料となり、龍子公園はガイド無しに自由に敷地内を歩くことができる。

馬込文士村大桜まつり
イベントガイド
馬込文士村大桜まつり | 東京都大田区
4月上旬。桜並木で流し踊りなど。露店多数
熊谷恒子記念館
スポットガイド
熊谷恒子記念館 | 東京都大田区
書家の旧宅