大井水神社

大井の水神大井水神社(大井の水神)は、東京都品川区の、JR京浜東北線の大森駅より北へ徒歩10分の地に鎮座する大井鹿嶋神社の境外末社。
江戸時代の貞享2年(1685年)に九頭龍権現社として創建。
柳の清水という湧水の所に、黒ボク(富士山の溶岩)を用いた比較的大きな塚がある。かつては雨乞いなどが行われた地で、品川区指定史跡。

大井鹿嶋神社
スポットガイド
大井鹿嶋神社 | 東京都品川区
戦前の立派な社殿が残る神社
鳥居
水神社
柳の清水
水神社
黒ボクの塚
水神社
水神社
大井水神社
東京都品川区南大井5-14-9 地図
アクセス:JR京浜東北線 大森駅より徒歩10分
品川区
エリアガイド
品川区 | 東京都
港区の南隣り。大崎、大井町など

付近(大森駅の北方)には他に大井鹿嶋神社品川歴史館がある

大井鹿嶋神社
スポットガイド
大井鹿嶋神社 | 東京都品川区
戦前の立派な社殿が残る神社
品川歴史館
スポットガイド
品川歴史館 | 東京都品川区
品川区の歴史と民俗の資料館