四谷須賀神社

Yotsuya Suga Jinja四谷須賀神社は、東京都新宿区の、東京メトロ丸ノ内線の四谷三丁目駅より南東へ徒歩6分に位置する、四谷の総鎮守。
江戸初期の寛永11年(1634年)に赤坂の清水谷から稲荷神社を四谷に遷座した事に始まり、寛永14年(1637年)に、神田明神境内に鎮座していた日本橋大伝馬町の鎮守の牛頭天王(現在の大伝馬町八雲神社)を勧請合祀し、明治元年に須賀神社と改称。
第二次世界大戦の戦禍で本殿、内陣宮殿、摂社天白稲荷神社以外は焼失し、戦後に鉄筋コンクリートで再建された。

表参道
四谷須賀神社
表鳥居
四谷須賀神社

なお、以前はこの手前にも鳥居があったが、東日本大震災後に撤去された。

社殿
四谷須賀神社

社殿は戦後の鉄筋コンクリート建築。戦災焼失しなかった本殿も建て替えられたようだ。
内陣宮殿(1819年建造)は非公開だが、HPで公開されている写真を見ると、豪華絢爛で変則的な連結社殿である。

天白稲荷神社
四谷須賀神社

境内摂社の天白稲荷神社は土蔵造。周りの石柵には大正4年の銘があるので、この時の建造か。社誌『須賀神社由来記』によると昭和6年頃に境内社が合社されているので、あるいはこの時かも知れない。

石垣
四谷須賀神社

四谷須賀神社は高台の上にあり、その境内の北側には立派な石垣がある。この石垣は、石段下にある妙行寺の境内から写したもの。

本社神輿
四谷須賀神社

四谷須賀神社の本社神輿は昭和51年製作。6月の例大祭では隔年で渡御する。

梯子乗り

毎年1月5日には、境内で梯子乗りが奉納される。この行事に関する詳細は「四谷須賀神社 梯子乗り」の記事を参照。

四谷須賀神社 梯子乗り
イベントガイド
四谷須賀神社 梯子乗り | 東京都新宿区
1月5日。梯子乗りの奉納
梯子乗り
四谷須賀神社 梯子乗り

例大祭

四谷須賀神社の例大祭は6月上旬に執り行われる。西暦偶数年の本祭には本社神輿が氏子域を渡御する。陰祭の年(西暦奇数年)には代わりに氏子18ケ町の町神輿が連合渡御する。神輿の担ぎ方は、四谷担ぎという、今主流の江戸前担ぎとは少し違った担ぎ方。この行事に関する詳細は「四谷須賀神社 例大祭」の記事を参照。

四谷須賀神社 例大祭
イベントガイド
四谷須賀神社 例大祭 | 東京都新宿区
6月。隔年で宮神輿が渡御し、その他の年は町神輿が連合渡御
本社神輿の渡御(本祭の年)
四谷須賀神社 例大祭
町神輿の連合渡御(陰祭の年)
四谷須賀神社 例大祭

酉の市

11月の酉の日には酉の市が開かれる。

酉の市
四谷須賀神社 酉の市
 
四谷須賀神社 酉の市
四谷須賀神社 公式HP
東京都新宿区須賀町5 地図
アクセス:東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅から徒歩6分
新宿区
エリアガイド
新宿区 | 東京都
新宿・早稲田・市ヶ谷・四谷など