浴風会

yokufukai浴風会は、東京都杉並区の、京王井の頭線高井戸駅より南西へ徒歩7分の位置にある社会福祉法人。
浴風会は大正14年、関東大震災の被災老人援護のため、皇室の御下賜金を含む義捐金を基に、内務省により財団法人として設立された。昭和27年には社会福祉法人に改組。
戦前の建物のほとんどは建て替えられているが、本館(本部棟)と礼拝堂は戦前のものが残り、うち本館は東京都選定歴史的建造物。

本館
浴風会

浴風会の本館は大正15年築で東京都選定歴史的建造物。設計は内田祥三と土岐達人。内田祥三は東大の多くの校舎を設計した建築家で、この本館にもその作風がうかがわれる。なお、敷地内の案内板には「本部棟」と記してあった。

本館前の小池
浴風会
礼拝堂
浴風会

礼拝堂は昭和2年築。

鶴の噴水
浴風会

礼拝堂の前には池があり、そこには鶴の噴水が置かれている。

浴風会
東京都杉並区高井戸西1-12-1 地図
アクセス:京王井の頭線 高井戸駅より徒歩7分
杉並区
エリアガイド
杉並区 | 東京都
中野区の西隣り。高円寺、荻窪など

なお、近くには、成田山の築山が2基残る天台宗寺院吉祥院がある。

吉祥院
スポットガイド
吉祥院 | 東京都杉並区
成田山を模した築山2基がある寺