立教大学 旧江戸川乱歩邸

旧江戸川乱歩邸旧江戸川乱歩邸は、東京都豊島区の、東京メトロ有楽町線・副都心線の要町駅より東へ徒歩6分の地にある、文豪・江戸川乱歩(1894-1965年)の旧邸。池袋駅からも近い。
乱歩の東京での26番目の住居で、昭和9年より同40年の没年までここを住まいとした。この邸宅は大阪市の坂家の別宅として建てられ、その後に借家となって昭和9年からは乱歩が住み、昭和27年に乱歩の所有となった。
現在は立教大学の江戸川乱歩記念大衆文化研究センターとして公開されている。

門内
旧江戸川乱歩邸
主屋
旧江戸川乱歩邸

主屋は大正10年築。

土蔵
旧江戸川乱歩邸

土蔵は大正13年築で、乱歩はこの土蔵を書斎兼書庫として利用した。豊島区指定有形文化財。

西面全景
旧江戸川乱歩邸
立教大学 旧江戸川乱歩邸 公式HP
時間:祝日除く水金の10:30-16:00等 料金:無料
東京都豊島区西池袋5-15-17 地図
アクセス:東京メトロ有楽町線・副都心線 要町駅より徒歩6分
豊島区
エリアガイド
豊島区 | 東京都
池袋、巣鴨など