鈴木信太郎記念館

鈴木信太郎記念館鈴木信太郎記念館は、東京都豊島区の、東京メトロ丸ノ内線の新大塚駅より西へ徒歩3分の地にある、フランス文学者鈴木信太郎(1895-1970年)の旧宅を利用した区立の記念館。2018年開館。
鈴木信太郎邸は昭和20年の空襲で罹災したものの鉄筋コンクリート造の書斎棟1階部分は燃え残り、そこに戦後、増築や移築が繰り替えされ、現在の旧宅が完成した。現在は豊島区指定有形文化財となっている。

書斎兼書庫
鈴木信太郎記念館
鈴木信太郎記念館

書斎兼書庫の一階は昭和3年の築。鉄筋コンクリート造であったため第二次世界大戦の空襲では邸内で唯一、焼失を免れた。ただし昭和6年に鉄骨フレームで増築された二階部分(子供部屋)は焼失したため、昭和31年に燃え残ったフレームを利用して再築された。

茶の間・ホール棟(右)と座敷棟(左)
鈴木信太郎記念館

茶の間・ホール棟は戦後の昭和21年に築造。
座敷棟は、現・春日部市の鈴木信太郎の実家の母屋(明治20年代築)を昭和23年に移築。鈴木家は地主であった。

記念館の模型
鈴木信太郎記念館
鈴木信太郎記念館
時間:9:00-16:30 料金:無料 休館日:月(祝なら翌日も)・第3日曜・祝・年末年始
東京都豊島区東池袋5-52-3 地図
アクセス:東京メトロ丸ノ内線 新大塚駅より徒歩3分
豊島区
エリアガイド
豊島区 | 東京都
池袋、巣鴨など