阿伎留神社

阿伎留神社阿伎留(あきる)神社は、東京都あきる野市の、JR五日市線の武蔵五日市駅より南西へ徒歩15分に位置する、五日市の鎮守。
創建年代は不詳だが、平安時代の元慶8年(884年)に神階を受けた記録が国史に記載されている。
境内には戦前に完成した社殿が並び、神輿庫には合計8基の六角神輿が並ぶ様を見ることができる。

表参道
阿伎留神社

表参道の正面奥に見えるのは神楽殿。

神楽殿
阿伎留神社

神楽殿は戦前の昭和6年築。

拝殿
阿伎留神社
阿伎留神社

拝殿は明治21年築で、向拝は大正4年に増築。二連千鳥破風が付いた少し変則的な形状となっている。なお、拝殿と本殿を繋ぐ幣殿は大正4年築。

本殿
阿伎留神社

本殿は明治21年築。

大鳥神社
阿伎留神社

大鳥神社は江戸後期の1831年築。

井戸
阿伎留神社

神輿

当社の神輿は、前代と今代の本社大神輿、本社中神輿、町会の子供神輿5基、合計8基が全て六角神輿であり、境内の神輿庫に並んでいるのをガラス越しに見ることができる。これだけ六角神輿が並ぶのは、六角神輿が大量にある北陸地方を除けば、珍しいと思われる。
当社の例大祭(五日市祭)は曜日に関わらず9月28~30日に固定して行われるが、前代の本社大神輿を除く7基が毎年渡御する。

今代の本社大神輿
阿伎留神社

今代(三代目)の本社大神輿は昭和56年製作の六角神輿。

前代の本社大神輿
阿伎留神社

前代(二代目)の本社大神輿は1842年(江戸後期)製作の六角神輿。なお、初代は現存しない。

本社中神輿
阿伎留神社

本社中神輿は五日市中学校の生徒が担ぐ。平成18年製作の六角神輿。

子供神輿
阿伎留神社
阿伎留神社

町会の子供神輿計5基も六角神輿。

阿伎留神社
東京都あきる野市五日市1081 地図
アクセス:JR五日市線 武蔵五日市駅より徒歩15分
あきる野・日の出・檜原
エリアガイド
あきる野・日の出・檜原 | 東京都
JR五日市線沿線とその先

拝島駅以西のエリアガイド
昭島・羽村
エリアガイド
昭島・羽村 | 東京都
JR青梅線の東端
青梅・奥多摩
エリアガイド
青梅・奥多摩 | 東京都
JR青梅線の中央~西側
あきる野・日の出・檜原
エリアガイド
あきる野・日の出・檜原 | 東京都
JR五日市線沿線とその先