大円寺

大円寺大円寺(大圓寺)は、東京都東久留米市の、西武池袋線の東久留米駅より北西へ徒歩11分に位置する、天台宗の寺院。
創建年代は不詳だが、初代の寺主が就任したのは平安時代の天安2年(858年)と伝わる。
境内には諸堂が並び寺観は整っている。また穀櫃も境内に移築されている。

山門
大円寺
地蔵堂
大円寺
仁王文殊楼
大円寺

仁王文殊楼は昭和55年建立。注連縄が掛かる。

前・本堂
大円寺

この前・本堂は江戸中期の1765年築。この本堂は令和2年再訪時は建替え中であった。

護摩堂
大円寺
鐘楼
大円寺

鐘楼は平成7年築。

旧下里村穀櫃
大円寺

穀櫃は江戸末期の弘化年間(1844-1847年)の築。旧下里村にあったもので、幕命で飢饉に備え稗などを備蓄した。東久留米市指定民俗有形文化財。

大釜
大円寺
大円寺
東京都東久留米市小山2-10-1 地図
アクセス:西武池袋線 東久留米駅より徒歩11分
東久留米・清瀬・東村山
エリアガイド
東久留米・清瀬・東村山 | 東京都
埼玉県との県境

西武線沿線のエリアガイド
西東京・小平・東大和
エリアガイド
西東京・小平・東大和 | 東京都
西武新宿線・拝島線沿線
東久留米・清瀬・東村山
エリアガイド
東久留米・清瀬・東村山 | 東京都
埼玉県との県境