武蔵国分寺

武蔵国分寺武蔵国分寺は、東京都国分寺市の、JR中央線の西国分寺駅より南東へ徒歩15分に位置する、真言宗豊山派の寺院。
奈良時代の天平13年(741年)に聖武天皇の勅命で全国に設置された国分寺(金光明四天王護国之寺)の後身。古代国分寺は元弘3年(1333年)に分倍河原の戦いで焼失し、建武2年(1335年)に薬師堂が再建されたものの、江戸時代に復興されるまで衰退していた。
現在は古代国分寺の中心伽藍より北方に位置する。境内はほぼ全域が古代国分寺の伽藍地内ではあるが、国指定史跡の指定範囲内にあるのは薬師堂一帯だけで、本堂一帯は含まれない。

武蔵国分寺跡
スポットガイド
武蔵国分寺跡 | 東京都国分寺市
古代武蔵国分僧寺・尼寺の跡
楼門
武蔵国分寺

楼門は18世紀中期に現・東久留米市の米津寺に建立され、明治28年に当地に移築された。国分寺市重要有形文化財。

本堂
武蔵国分寺

本堂は1725年築。

万葉植物園
武蔵国分寺

万葉植物園は昭和25~38年に境内に設けられたもので、約160種の草木が植栽されている。国分寺市重要天然記念物。

仁王門
武蔵国分寺

薬師堂の参道にある仁王門は宝暦年間(1751年-1764年)の建立。国分寺市重要有形文化財。木材の一部は1335年再興の薬師堂の古材を使用していると伝える。

仁王門内
武蔵国分寺
薬師堂
武蔵国分寺

薬師堂も宝暦年間(1751年-1764年)の築。

本村八幡神社

本村八幡神社は国分寺薬師堂と地続きの神社。江戸時代、国分寺は当社の別当寺であった。
総国分寺たる奈良・東大寺の創建の経緯(八幡社総本社である宇佐神宮の神託があった)から諸国の国分寺は八幡社を鎮守とする場合が多い。当社の場合は創建年代は不詳で一説に江戸初期の元和年間(1615-1624年)創建と伝える。
拝殿と本殿覆屋は明治41年の築(本殿は19世紀前期の築だが非公開)。
なお、当社も古代国分寺の伽藍地区内ではあるが、史跡指定範囲からは外れている。

本村八幡神社
本村八幡神社
武蔵国分寺
東京都国分寺市西元町1-13-16 地図
アクセス:JR中央線・武蔵野線 西国分寺駅より徒歩15分
小金井・国分寺
エリアガイド
小金井・国分寺 | 東京都
JR中央線沿線の市町村では中間東寄り

武蔵野~立川の中央線沿線のエリアガイド
武蔵野・三鷹
エリアガイド
武蔵野・三鷹 | 東京都
JR中央線沿線の市町村では東端
小金井・国分寺
エリアガイド
小金井・国分寺 | 東京都
JR中央線沿線の市町村では中間東寄り
国立・立川
エリアガイド
国立・立川 | 東京都
JR中央線沿線の市町村では中間西寄り