殿ヶ谷戸庭園

殿ヶ谷戸庭園殿ヶ谷戸(とのがやと)庭園は、東京都国分寺市の、JR中央線の国分寺駅より南東へ徒歩2分に位置する、近代の庭園
江口定條(当時は三菱合資会社幹部、後に満鉄副総裁・貴族院議員)が当地に大正2~4年に造営した別荘「随宜園」を、昭和4年に三菱財閥創業家の岩崎彦彌太が買い取り「国分寺の家」とし現在の形に整備。昭和49年には都が買収して同54年に整備・公開した。
国分寺崖線を利用した和風庭園と、その上の洋風庭園がある和様折衷庭園で、国指定名勝となっている。

大芝生
殿ヶ谷戸庭園

本館の周囲は洋風の大芝生。

本館
殿ヶ谷戸庭園

本館は岩崎邸時代の昭和9年築の洋館。内部は和洋折衷であった。現在は建築当初の半分ほどの規模となっている。

紅葉亭
殿ヶ谷戸庭園

紅葉亭も岩崎邸時代の昭和9年築。数寄屋風の茶室。

次郎弁天池
殿ヶ谷戸庭園
殿ヶ谷戸庭園

次郎弁天池は国分寺崖線の湧水を利用して造られた池。

湧水
殿ヶ谷戸庭園
クマザサと木々
殿ヶ谷戸庭園
竹の小径
殿ヶ谷戸庭園
殿ヶ谷戸庭園

蔵は昭和13年築でRC造。なお、現在はこのように近寄ることはできず、正面からはあまり良く見えない(この写真は可能だった頃のもの)が、敷地外から背面は良く見える。

殿ヶ谷戸庭園
時間:9-17時 料金:150円 休園日:年末年始
東京都国分寺市南町2-16 地図
アクセス:JR中央線 国分寺駅より徒歩2分
小金井・国分寺
エリアガイド
小金井・国分寺 | 東京都
JR中央線沿線の市町村では中間東寄り

武蔵野~立川の中央線沿線のエリアガイド
武蔵野・三鷹
エリアガイド
武蔵野・三鷹 | 東京都
JR中央線沿線の市町村では東端
小金井・国分寺
エリアガイド
小金井・国分寺 | 東京都
JR中央線沿線の市町村では中間東寄り
国立・立川
エリアガイド
国立・立川 | 東京都
JR中央線沿線の市町村では中間西寄り