円通寺

円通寺円通寺は、東京都清瀬市の、JR武蔵野線の新座駅より西へ徒歩31分に位置する、真言宗豊山派の寺院。
室町時代初期の暦応3年(1340年)創建。山門と長屋門が並び立つなど、境内は整っている。
毎年5月3日に当寺で藁の大蛇が作って近くの木に掛ける行事があり、都の無形民俗文化財に指定されている。

山門
円通寺
長屋門
円通寺

長屋門は江戸後期の1844年上棟。清瀬市指定有形文化財。

本堂
円通寺
薬師堂
円通寺

下宿の「ふせぎ」行事

毎年5月3日、円通寺において16mと2mの藁製の大蛇を作り、近くの道の木 [地図] に掛ける。これは藁製の蛇を村境に取り付けて疫病や悪魔が村内に入るのを「ふせぐ」行事で、江戸末期には行われていた。下宿の「ふせぎ」行事として東京都指定無形民俗文化財となっている。
他県でも道切り、勧請縄その他の名で見られる風習であり、また村境に地蔵や道祖神、道陸神などが置かれるのも同類の風習である。

ふせぎ
円通寺
円通寺
円通寺
東京都清瀬市下宿2-521 地図
アクセス:JR武蔵野線 新座駅より徒歩31分
東久留米・清瀬・東村山
エリアガイド
東久留米・清瀬・東村山 | 東京都
埼玉県との県境

西武線沿線のエリアガイド
西東京・小平・東大和
エリアガイド
西東京・小平・東大和 | 東京都
西武新宿線・拝島線沿線
東久留米・清瀬・東村山
エリアガイド
東久留米・清瀬・東村山 | 東京都
埼玉県との県境