大和田氷川神社

大和田氷川神社大和田氷川神社は、埼玉県新座市の、JR武蔵野線の新座駅より北へ徒歩20分の地に位置する鎮守社。
平安初期の延暦21年(802年)創建。
江戸時代に建立された本殿の壁面には、市の文化財に指定された彫刻が嵌め込まれている。

一ノ鳥居
大和田氷川神社
三ノ鳥居
大和田氷川神社
舞台
大和田氷川神社

祭礼においてお囃子が奏される舞台。

本社拝殿(左)と熊野神社(右)
大和田氷川神社
本社本殿
大和田氷川神社
大和田氷川神社

本殿は享保年間の建立。胴に嵌め込まれた彫刻は1816年作で新座市指定有形文化財。

熊野神社
大和田氷川神社
稲荷神社
大和田氷川神社
榛名神社
大和田氷川神社

境内社・榛名神社も壁面に彫刻が多用されているが、彫刻は良く見えない。

夏祭り

当社の例祭日は毎年7月15日であり、その神幸祭にあわせて7月の最終金曜・土曜日に催される夏祭りは「はだか神輿」で知られる。これは別名「荒れ神輿」とも呼ばれ、白褌・白足袋・白腹巻の若衆たちが、独特の担ぎ方をしながら神輿を担ぐもので、新座市指定無形民俗文化財となっている。
またこの夏祭りでは大和田囃子も奉納されるが、これは江戸末期に伝わったもので、新座市指定無形文化財。


明治維新時の神仏分離まで、近くにある普光明寺が当社の別当寺であった。

普光明寺
スポットガイド
普光明寺 | 埼玉県新座市
特徴的な山門と両墓制の寺
大和田氷川神社
埼玉県新座市大和田4-15-13 地図
アクセス:JR武蔵野線 新座駅より徒歩20分
和光・朝霞・新座
エリアガイド
和光・朝霞・新座 | 埼玉県
東京練馬区の北隣り

川越以南の東武東上線沿線のエリアガイド
和光・朝霞・新座
エリアガイド
和光・朝霞・新座 | 埼玉県
東京練馬区の北隣り
志木・富士見・ふじみ野
エリアガイド
志木・富士見・ふじみ野 | 埼玉県
JR武蔵野線以北の東武東上線沿線
川越
エリアガイド
川越 | 埼玉県
東武・西武・JRが接続する要衝