善養寺

Zenyoji善養寺は東京都江戸川区の、JR総武線の小岩駅から南東へ徒歩18分、または京成本線の江戸川駅から南へ徒歩17分の地にある、真言宗豊山派の寺院。室町時代の大永7年(1527年)創建。
堂宇も比較的充実している中規模寺院だが、何と言っても当寺の最大の見ものは国天然記念物のマツの巨木である。また10~11月頃には趣向を凝らした菊花展も開催される。

仁王門
善養寺
 
善養寺
 
善養寺

仁王門は江戸時代中期の寛保年間(1741-1743年)の建造。仁王門の表側に収まるのは通常の金剛力士像であるが、裏側には地元小岩出身の横綱栃錦の像が収まる。この像は、JR小岩駅構内にある栃錦の像の原型である。

影向のマツ
影向のマツ
 
影向のマツ

影向のマツは国指定天然記念物。樹齢は600年以上とされ、繁茂面積は日本一。かつて香川県の岡野マツ(現在は枯死)と日本一の松の称号を巡って争い、両者は東西の横綱ということで決着した。この松の横綱としての綱が、仁王門の裏側に収められている。

本堂と密厳宝塔
善養寺

本堂は江戸時代末期の1845年の建造。外観二重の八角堂である密厳宝塔は平成8年の建立。

不動堂
善養寺

不動堂は昭和15年の建造。

影向殿
善養寺

豪壮な影向殿(客殿)は平成9年の建造。

不動門
善養寺

不動門は江戸時代の建造。これらのほかの堂宇としては、明治15年建造の鐘楼などがある。

四国八十八カ所霊場
善養寺

四国八十八カ所霊場は、四国八十八箇所の各霊場から持ち帰った土の上に石祠を建立したもの。

石造物
善養寺

影向菊花大会

10~11月頃に善養寺で開催される影向菊花大会は、菊花展としての規模はそこまで大きいわけではないが、目玉として毎年趣向を凝らした、菊で作った大型ジオラマが作られる。この行事に関する詳細は「善養寺 影向菊花大会」の記事を参照。

善養寺 影向菊花大会
イベントガイド
善養寺 影向菊花大会 | 東京都江戸川区
10月中旬~11月下旬頃に菊花展が開かれ、菊ジオラマも出展
影向菊花大会
影向菊花大会
 
影向菊花大会
善養寺
東京都江戸川区東小岩2-24-2 地図
アクセス:JR総武線 小岩駅より徒歩18分/ 京成本線 江戸川駅より徒歩17分
江戸川区
エリアガイド
江戸川区 | 東京都
東京の東南端。小岩、葛西など