南蔵院

nanzoin南蔵院は、東京都葛飾区の、JR常磐線及び京成金町線の金町駅より北へ徒歩16分の地にある、天台宗の寺院。
平安時代の元慶年間(877-884年)、歌人在原業平が当地で隅田川で舟遊びをした際に舟が転覆、業平は溺死者を写経した法華経とともに塚(業平塚)に納めたが、その傍らに村人が業平天神社を創建した。そして南北朝時代の貞和4年(1348年)にその別当寺として創建されたのが当寺の起源である。押上の業平橋付近にあったが、関東大震災後に現在地へ移転した。
現在の諸堂は戦後に再建されたものだが木造で、庭園も整備され、境内は良く整っている。またしばられ地蔵で有名である。

山門
縛られ地蔵
境内
縛られ地蔵
本堂
縛られ地蔵
地蔵堂(右)と聖徳太子堂
縛られ地蔵
しばられ地蔵尊
縛られ地蔵

地蔵堂脇にあるしばられ地蔵尊は、盗難除け、足止め、厄除け、縁結びなどの霊験で知られる。1701年造立の石地蔵で、この地蔵に願をかける際に縄で縛り、願が成就すれば縄を解く。そのため、縄で巻かれていない姿を拝見する機会は、縄解きの行われる大晦日のわずかな時間のみである。
しばられ地蔵尊の由来に関する説話は以下のような流れとなっている。

  1. 江戸時代、呉服問屋の反物が南蔵院境内で盗まれる
  2. 大岡越前が「黙って見ていた地蔵も同罪」と縄打って奉行所へ引き立てる
  3. 引き立てられた地蔵の姿を見て野次馬が奉行所に集まる
  4. 奉行所乱入の罪で野次馬に反物を納付させる
  5. その中に盗品があり盗人を見事検挙する
  6. 大岡越前が霊験に感謝し地蔵の縄を解き供養
銅製宝篋印塔
縛られ地蔵

鐘楼脇の銅製宝篋印塔は明治25年鋳造。

曼荼羅庭園
縛られ地蔵

地蔵堂の背後には曼荼羅の世界を表現した庭園が整備され、水琴窟もある。

曼荼羅庭園
縛られ地蔵

さらにその奥には茶室苔庵があり、茅葺きの屋根が垣根越しに見える。

しばられ地蔵尊の縄解き・初縄かけ

大晦日の23時頃からはしばられ地蔵尊の縄解き供養が行われ、新年の到来と共に新しい縄がまかれる。また、大晦日から元旦にかけては境内には結びだるま市が立ち、元日の正午頃には和太鼓の演奏や江戸太神楽、獅子舞も奉納される。この行事の詳細については、しばられ地蔵尊の縄解き・初縄かけの記事を参照。

南蔵院 縄解き供養
イベントガイド
南蔵院 縄解き供養・初縄かけ | 東京都葛飾区
大晦日の夜の、しばられ地蔵の縄解きと初縄かけ
縄解き
南蔵院 縄解き
しばられ地蔵音頭
南蔵院 初詣
南蔵院 公式HP
東京都葛飾区東水元2-28-25 地図
アクセス:JR常磐線・京成金町線 金町駅より徒歩16分
葛飾区
エリアガイド
葛飾区 | 東京都
東京の東北端。亀有、柴又など

参考:都内のその他のしばられ地蔵

しばられ地蔵は東京都区部には南蔵院だけでなく、文京区の林泉寺や品川区の願行寺にもある(ただし、南蔵院のものが最も良く知られ、またサイズも大きい)。

品川区・願行寺のしばり(しばられ)地蔵尊

かつては首を残して地蔵が縄で隠れるほど縄で巻かれたが、現在は胴に少しだけ巻く。地蔵は首を取ることができ、願かけ人は首を持ち帰って祈願し、願いが叶えば首を2つ奉納するため、周囲には地蔵の首が置かれている。当寺についての詳細は願行寺の記事を参照。

願行寺
スポットガイド
願行寺 | 東京都品川区
品川宿のしばられ地蔵の寺
願行寺 しばり地蔵
願行寺
東京都品川区南品川2-1-12 地図

文京区・林泉寺の縛られ地蔵尊

南蔵院のものと同様、願かけの時に地蔵を縛り、叶えられれば解く。

林泉寺 縛られ地蔵
林泉寺 公式HP
東京都文京区小日向4-7-2 地図