柴又帝釈天(題経寺)

Daikyoji柴又帝釈天(題経寺)は、東京都葛飾区の、京成金町線の柴又駅より北東へ4分の地にある、日蓮宗の名刹。
江戸初期の寛永6年(1629年)に創建され、その後一時衰退するが、後に帝釈天信仰及び庚申信仰の寺として再興した。行方不明になっていた宗祖日蓮自刻の帝釈天の板本尊が再発見されたのが安永8年(1779年)の庚申の日だったことで庚申の日を縁日としている。
第二次世界大戦の戦禍を免れたため、戦後に建てられたものも含めて木造堂宇が揃っている。特に、帝釈堂の壁面全面に施された彫刻が彫刻ギャラリーとして、庭園「邃渓園」とともに、有料公開されている。

参道
柴又帝釈天

参道には、都区部の寺社では珍しく、伝統的な門前町の風情が漂うが、これは昭和初期にまとまりのある景観となったもの。農家が副業として帝釈天の参道に店を構えたのが始まりで、草だんごやせんべいが名物。
柴又は古代より交通の要点で、門前町としても栄え、国の文化的景観に選定されている。

二天門
柴又帝釈天

二天門は明治29年建立。彫刻が多く施され、正面の屋根には千鳥破風と軒唐破風、背面の屋根には軒唐破風がある、凝った楼門。

大鐘楼
柴又帝釈天

二天門の左にある大鐘楼堂は昭和30年の建立。組物が複雑な、袴腰の鐘楼。

南大門
柴又帝釈天

二天門の右にある南大門は昭和57年建立。

境内
柴又帝釈天

境内は、二天門の正面に帝釈堂の拝殿(写真奥側の堂)、その右の南大門の正面に本堂の拝殿(写真手前側の堂)がある。
名前の示す通り、寺院側にとってより重要なのは本堂(祖師堂)の方である。

帝釈堂拝殿
柴又帝釈天

帝釈天を祀る帝釈堂は拝殿と内殿を連結したもので、形状も構成も神社建築の権現造に近い造りである。拝殿は昭和4年築。
また、拝殿前の瑞龍のマツは東京都指定天然記念物で、400年前の創建時には既に大木だったと伝える。2月には「お神酒あげ」と称して、日本酒の一升瓶を100本以上、根の周りに流し込む。

手水鉢
柴又帝釈天

帝釈堂前の手水舎にある手水鉢。

帝釈堂内殿
柴又帝釈天
柴又帝釈天

帝釈堂を構成する内殿(当寺では神社の本殿に相当する堂をこう呼んでいる)は大正4年の築。拝殿にも内殿にも彫刻が数多く施されているが、特に内殿のものは著しく、彫刻ギャラリーとして有料公開されている。また内殿の屋根には両側面に軒唐破風が付加されている。これは、大型社寺建築では割りと珍しい。

本堂拝殿(左側)と釈迦堂(右側)
題経寺

釈迦堂(開山堂)は江戸時代の文化文政期(1804-30年)建立。釈迦だけでなく、当寺の開祖と中興祖も祀るので開山堂とも言う。本堂(祖師堂)の拝殿は明治21年建立。

本堂
題経寺

本堂は江戸時代の帝釈堂を改修したもの。帝釈堂と同じように、拝殿を幣殿で連結した複合仏堂となっている。

大回廊
題経寺

本堂・帝釈堂・大客殿を結ぶ大回廊は昭和35年築。

御神水
題経寺
鳳翔会館
鳳翔会館

鳳翔会館は、著名な建築家菊竹清訓の設計で昭和48年竣工。

邃渓園

大客殿の前庭である邃渓園は東京都指定名勝。昭和4年から大客殿とともに整備を始め、昭和40年に現在の形となった。彫刻ギャラリーと一括で有料公開されている。庭園には降りることはできないが、大客殿及び庭園の周囲を巡る廻廊(昭和59年建造)から一周して鑑賞することができる。

邃渓園
邃渓園
邃渓園
大客殿

奥の長大な建物が東京都選定歴史的建造物の大客殿。昭和4年築。

茶室
邃渓園

節分

2月3日に催される節分会では、神猿と鬼の問答が行われ、その後に豆まきとなる(猿は庚申信仰と縁の深い生き物)。

柴又帝釈天 節分
柴又帝釈天 節分
柴又帝釈天(題経寺) 公式HP
[邃渓園・彫刻ギャラリー]料金:400円
東京都葛飾区柴又7-10-3 地図
アクセス:京成金町線 柴又駅より徒歩4分
葛飾区
エリアガイド
葛飾区 | 東京都
東京の東北端。亀有、柴又など

近隣には、戦前の実業家の旧宅を公開した山本亭がある。

山本亭
スポットガイド
山本亭 | 東京都葛飾区
実業家の和風の邸宅と庭園