三宝寺池厳島神社

三宝寺池厳島神社三宝寺池厳島神社は、石神井公園の三宝寺池に浮かぶ中島に鎮座する小社。西武池袋線の石神井公園駅からは徒歩21分。
4月上旬の例大祭では、向かいの岸側にある境内社の穴弁天(宇賀神社)の霊窟が公開される。

表参道
三宝寺池厳島神社

三宝寺池へと下る参道の入口に鳥居が立つ。

社殿
三宝寺池厳島神社

厳島神社は中島に鎮座しており、中島へは太鼓橋が架かる。

三宝寺池と厳島神社
三宝寺池厳島神社
穴弁天(宇賀神社)
三宝寺池厳島神社

穴弁天(宇賀神社)は、厳島神社社殿の向かいの岸にある境内社。普段はこのように、霊窟の扉は閉ざされている。

穴弁天(宇賀神社)の霊窟
三宝寺池厳島神社
三宝寺池厳島神社

穴弁天(宇賀神社)の霊窟は、4月上旬の、厳島神社の例大祭で公開される。洞窟は約10mで、最奥には、三宝寺の底より発見されたと伝える宇賀神の像が安置されている。宇賀神社は人面蛇身の神で、しばしば弁財天と同一視される。
例大祭では、以前はこのように中に入って参拝したが、最近は、安全面の配慮から中には入れないようだ。


明治の神仏分離までは、近くの三宝寺が別当寺であった。

三宝寺池厳島神社
東京都練馬区石神井台1-26-1 地図
アクセス:西武池袋線 石神井公園駅より徒歩21分
練馬区
エリアガイド
練馬区 | 東京都
西武池袋線沿線

石神井城跡と三宝寺池

石神井城は当地の土豪であった豊嶋氏の居城で、室町中期頃に三宝寺池の南側に築造された。文明9年(1477年)に太田道灌によって落城させられ、ほどなく豊嶋氏は滅亡し石神井城は廃城となった。現在、内郭の空堀や土塁が石神井公園内に若干残る。また、石神井氷川神社は、石神井城の鎮守としてその一角に創建されたものである。
この落城の際、城主豊島泰経とその娘の照姫が三宝寺池に投身自殺したという伝承があり、墓とされる殿塚と姫塚も池の近くにある。この伝承に基づき、練馬区では、昭和63年より、4~5月頃に三宝寺池の付近で、「照姫まつり」という祭りを催しており、武者などを伴わう照姫行列などが行なわれる。
ただし、この伝説は史実とは認められないようである(近代以降に形成された伝説との説もある)。

三宝寺池は古来、武蔵野三大湧水池と呼ばれたという。なお、隣の石神井池は昭和8年に築造された。
三宝寺池の一部は三宝寺池沼沢植物群落として国指定天然記念物となっており、水辺観察園が設けられて観察することができる。


なお、石神井公園一帯の見所には他に禅定院道場寺旧内田家住宅・石神井公園ふるさと文化館三宝寺石神井氷川神社などがある。

禅定院
スポットガイド
禅定院 | 東京都練馬区
石神井公園近くの茅葺鐘楼のある寺
道場寺
スポットガイド
道場寺 | 東京都練馬区
石神井公園近くの三重塔の立つ寺
旧内田家住宅
スポットガイド
石神井公園ふるさと文化館 & 旧内田家住宅 | 東京都練馬区
区の郷土博物館とその隣の茅葺き古民家
三宝寺
スポットガイド
三宝寺 | 東京都練馬区
石神井公園近くの多宝塔や勝海舟邸長屋門のある寺
石神井氷川神社
スポットガイド
石神井氷川神社 | 東京都練馬区
石神井城の鎮守